スズキ 新型アルトの車体開発は2010年から

スズキが昨年12月に発売した軽自動車「アルト」は、ガソリン車で首位の1リットル当たり37.0キロメートルの燃費性能を実現した。  原動力となったのが、初めて採用した「次世代軽量プラットホーム(車台)」だ。 スズキが次世代軽量プラットホームの開発に本格的に着手したのは2010年。法制度の変更に対応し、強度を高めるために補強部材を追加するなどしてきた従来のプラットホームは重くなる一方だった。 ・・・・・・ 続きはこちら

000000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-25 06:52 | スズキ | Comments(1)

Commented by ともたん at 2015-05-26 00:04 x
アルト欲しいなぁ