三菱自に追い風か。中国でEV、PHVに最高108万円の補助金

中国財政省や科学技術省など政府4部門はこのほど、「2016~20年の新エネルギー車普及に関連する財政支援政策に関する通知」を共同で下達。 16年以降、消費者が電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を購入した場合、最高で5万5000元(約108万円)の補助金を受けられる見込みだ。 

0000000

給付対象車種は「新エネルギー自動車普及応用工程推薦車種目録」に
挙げられているEVやPHV、燃料電池自動車(FCV)。

補助金額は走行距離に応じてEV乗用車は1台当たり2万5000~5万5000元となっている。

補助金を受けるには(1)性能が安定して安全であり、新エネ車の関連基準に適合している(2)アフターサービスや保証が整っており、販売地域にアフターサービス店がある(3)駆動用バッテリーやモーターなどの重要部品の品質が保証されている。乗用車メーカーは生産後8年以上または走行距離12万キロ以上の品質保証期限を設けなくてはならない(4)工業情報省の「車両生産企業および製品公告」および推薦車種目録における製品と一致している-の条件に適合していなければならない。

大気汚染対策や省エネ・排出削減の促進に向けて、中国政府はこれまで、新エネ車購入税の免除や充電施設の建設奨励など一連の措置を実施。市場は急成長している。
sankeibiz.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-26 08:02 | 三菱自動車 | Comments(0)