ホンダ 大量の在庫が影響

ホンダが5月までに、2015年度の4輪車国内生産を
計83万台程度とする計画を複数の主要サプライヤーに伝えたことが分かった。

000000

計画通りなら1979年度以来、36年ぶりの低水準となる。
国内販売の低迷が続くと見て4月から鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)の稼働率を下げることが響く。 過剰在庫も背景にあるようだ。 生産の現地化で輸出も減少しており、国内生産の縮小が深刻化している。 生産計画は年初は90万台程度を計画していた。 複数のサプライヤーによれば、軽自動車市場の環境悪化で軽を中心に下方修正。 軽の生産拠点である鈴鹿製作所は4月に2本あるラインの1本を昼夜操業の2直から1直にした。 1直体制は年内いっぱいは続ける。
「 一時より改善したが3月末時点でも在庫は適正水準を越えていた 」(サプライヤー幹部) との声もあり在庫圧縮も下方修正の背景にありそうだ。  鈴鹿製作所の年産能力は53万台。
nikkan.co.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2015-06-01 08:20 | ホンダ | Comments(0)