三菱自 ロシアで危機に立ち向かう

三菱アウトランダーが、ロシア市場で気を吐いている。

000000

2015年5月、同車種は前年同月比の87%という伸び率だった。
販売された2494台のうちの9割が、カルーガ州の組立工場で4月に作られた今年の最新モデルだった。「こうした傾向には次のような理由がある。まず、新しい、アグレッシヴなデザイン。新型トランスミッションCVT。そして、大幅改善された消音機能だ。こうしたことが顧客に受けた。夏季もこのモデルの需要は安定して高い水準をキープすると確信している」。このように、「MMCロシア」社長の高井直哉氏は語っている。「2015年、挑戦が突きつけられた。それにきちんと応えてみせた。我々は新しい戦略を立てた。一連の措置を打ち出し、ロシア市場において培った我々の地歩を守るためだ。ロシアから撤退する気はない。どころか、3年以内に生産ラインを一新する計画さえあるのだ。されにロシアのディーラーショップ20箇所に、クライアントが我が社のオフロード車を試乗できるオフロード・パークを開設する計画もある」既に三菱の最初のオフロード・パークがヴォロネジにオープンしている。複数の障害物が置かれた走行路をもつ公園だ。クロスオーバー車およびオフロード車の性能をいかんなく示すためのものだ。複雑な地形を模した人工路面コーティングを伴う丸木道さえ予定されている。
jp.sputniknews.com

[PR]

by ganbaremmc | 2015-06-09 08:48 | 三菱自動車 | Comments(2)

Commented by mtip at 2015-06-09 17:25 x
ドン・スウェアリジェンさん、高井直哉さん、そして相川さん、この3人にどんどん実績上げてもらって、ヤル気を感じられない空気をどんどん変えてもらいましょう。
Commented by ぱっしー at 2015-06-09 20:57 x
日本にもこういった試乗コースを備えたディーラーが出来ると面白いかも。