ホンダ S660は1日48台生産

八千代工業はホンダから受託する軽スポーツカー「S660」の工程で、少量生産でも利益の出せる工夫を盛り込んでいる。車体骨格の溶接工程では、部品の組み付けで人手による作業を増やし、治具や設備にかかる初期費用を大幅に削減した。大量生産とは異なる、少量生産ならではの技術を追求し、競争力を高める構えだ。

000000

 「少量生産でゆっくりと流れる時間を逆手に取り、人の作業を増やすことで、専用投資を大幅に抑えた」。八千代工業の完成車事業本部第一工場副検査主任技術者の山田宗良氏はこう胸を張る。
 四日市製作所(三重県四日市市)では現在「S660」を1日48台生産している。当初の生産計画は同40台だったが、好調な受注状況を踏まえて2割引き上げた。それでも月産の規模は960台程度と決して多くはない。ただ、生産台数が少ない分、1台の生産にはより多くの時間をかけられる。「S660」の生産では、この点を最大限に活用した。
 その象徴が車体骨格の溶接工程だ。独自に開発した「インナー治具」を車室内に設置。熟練作業者4人が同治具の外側に部品を組み付け、隣接する溶接工程に送り出す。溶接後の車体骨格は作業者の元に戻り、追加の部品を組み付けた上で再び溶接工程へと送る。溶接された車体骨格は再度、作業者の元に帰り、同治具が取り外され、フードやドアを取り付ける工程へと移る。
 従来の方式は治具が部品の外側にあり、挟み込むように部品を固定していた。これに対し「S660」は部品の内側に治具を設置する新方式を採用し、治具の小型・簡素化を実現した。S660はオープンカーであるため、車室内部に設置した治具を後から取り外せることも新工法の採用につながった。
 笹本裕詞社長は「台数の少ない車を、熟練作業者を使い、いかにシンプルな設備でつくるかを追求する」と少量生産で目指す方向性を説明する。
www.nikkan.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-06-10 08:29 | ホンダ | Comments(0)