三菱自 相川社長「 国内は今はこらえたい 」

三菱自動車の相川哲郎社長は6月18日に行った
新型『アウトランダーPHEV』の発表会で、低迷する国内販売について、
「 今はぐっとこらえて、お客様のほしい商品を出して、きっちり売っていくとき 」
と述べた。

000000

同社の国内販売はこの10年を見ても、2005年度25万6000台だったのが
14年度には11万4000台と右肩下がりの状態が続いている。
しかし、そんな状態でも「シェアを取りに行け、台数を増やせという指示はしていない」そうだ。
その裏には、安売りして台数を増やしても、ブランド力が高まらないという思いがあるからだ。 「 ほしい車はそんなに値引きを要求されることもないので、利益率が上がる。そういった売り方でブランド力を高めていく。台数は徐々に付いてくると考えている 」 と相川社長は強調する。
この戦略は今販売好調のマツダが数年前に行ってきたものと同じだ。
“定価販売”を旗印にできるだけ値引きを行わず、「スカイアクティブ技術」と「魂動デザイン」で商品力を磨き、ブランド力を高めてきた。 三菱自動車の場合は「電動化技術」と「ダイナミックシールド」デザインで商品力を高めていく方針で、これから出す新型車には「ダイナミックシールド」を順次採用していくという。
 相川社長は今回の『アウトランダーPHEV』を三菱ブランド復活の第一歩と位置づけているが、果たしてこれから思う通りにブランド力を高めていくことができるのか。そのためには、魅力的な車を相次いで投入する必要がありそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000011-rps-ind
[PR]

by ganbaremmc | 2015-06-19 15:01 | 三菱自動車 | Comments(9)

Commented by 名無し at 2015-06-19 18:10 x
魅力的な車を相次いで投入するには、早急にま○こに辞めてもらわないと!

口説い様ですが○に入るのは『ん』じゃないよ
Commented by ノヴァ at 2015-06-19 18:42 x
マツダみたいにテンポよく魅力的な車を出さないと国内は本当に手遅れになるかもしれません。客がどんどん離れちゃって、もう戻ってきてくれなくなっちゃう。
Commented by 名無し at 2015-06-19 21:05 x
写真の益子見てると腹立ってきた
Commented by 初代ek元ユーザー at 2015-06-19 23:42 x
今日、近所のディーラーに新型アウトランダーが来てたんですが、コンセプトモデルに比べて大人しいけど、逆にエグ味がなく良いデザインだと思いました。

そして何よりも内装の見せ方が良くなってますね。スバルアウトバックやマツダCX-5、日産エックストレイルより高級感がある。下手するとトヨタハリヤーよりも高く見えるかも…

このダイナミックシールド、意外とセダンやコンパクトカーにも合いそうな顔立ちなので、マツダやレクサスみたいに、顔立ちに統一感を持たせて、内装の品質も維持しつつ他の車種に展開したら、三菱のプレミアムブランド化も可能じゃないかと思いました。
Commented by エボの為に死す at 2015-06-20 00:05 x
15年も前のマツダの一連ように、三菱にも復活してもらいたいとここ10年思い続けてきましたが…。
全く良くなりませんね。

今の三菱はまだ、あの時のマツダほど落ちていないのでしょうか?それともマツダの方がまだ良いですかね?笑

「最後の頼み」である「ランエボ」をここで切り捨てた時点で、最後の起爆剤はいったい何があるんですか?

三菱に「トヨタ」を求めていないんだから、熱烈な「三菱ファン」に支持されるような「車創り」を三菱には思い出して貰いたい。
エコカーやミニバンブームと同様の「SUV」ユーザーにだけ支えてもらえる会社に転換に転換しても、そのような人たちは三菱以外にあっさり流れて行ってしまいますよ。
Commented by えあろきんぐ・たか at 2015-06-20 08:48 x
優先株の完全処理・復配迄待ちに待った企業の立て直し後も商品面では裏切られ続けた感が日ごと強くなって来ましたが海外での事業が成立しているからか国内不振に対する深刻さへの認識が実に軽いですね・・・。肝心の車はハード面では進化した感が強く販売結果が楽しみですが、マイナーチェンジで売上アップさせるのはフルモデルチェンジより難しくこれで販売増しますというのはいかにも今の三菱らしい考えのように思います。月販売1.000台はニッチ市場のニッチ狙いな訳で・・。当然ニッチ狙いを続ける以上は企業そのもののニッチ化が進むのは覚悟しないといかんかもですね。売れと言われない販売現場は売る力は無くなりますよ。売る為に居るのに「売らないでも良いよ」って言われたら、各人の仕事を否定されているのですから。(皆さんの仕事に置き換えて考えたらどう思われますか。)値引きしないというのは判るがこの台数で?メーカーの開発部門より士気低下し易く一度販売力を無くしたらこれも立て直しは容易ではありません。相川氏の経営戦略なんて関係無いですから。ダイナミックシールドって言ってるデザインは未完成でトヨタ車やホンダ車と比べて遠くから見て三菱車と直感出来るのかというと、おそらく皆無ですよ。そんな個性なんか無い。クリルの切り方、形状にイメージを託し過ぎ。今のマツダ車は全車判りますよね。それは車体全体の面構成が吟味されているからでそれだけデザイン煮詰めに時間をかけているということかと。かつての三菱車にはそういう時代もありましたし、面を重視したデザインがされていました・・。どうにも最近は他社がそのスキルをアップさせた事もあるでしょうが。初代ミラージュはGMのデザイナーが驚嘆したグッドデザイン。以降えあろきんぐ(2階建バス)も同様海外のデザイナーから絶賛を受けましたし、2代目エアロバスは中国でそのコピーが氾濫したグッドデザインでした。初代ディアマンテ発売の頃はギャランやミニカ、デリカ等遠巻きで三菱と判る車ばかりでした。最近ではコルトもグッドデザインでしたが最近の三菱車は前後・サイドのデザインがイメージが相当に異なりまとまり感も無いように思い、マイチェン車でデザインをうんぬん言われても失望するばかりです。段々と良くなる事を信じて・・
Commented by 赤城 at 2015-06-20 09:37 x
フルモデルチェンジかのように発表してますが、これマイナーチェンジなんですよね。
今年は新型車なしみたいですし、三菱はこれで国内やっていけると思ってるのかな。そんなに甘くないでしょ
Commented by やっさん at 2015-06-20 10:55 x
今、当時のようなラインナップ揃えて他社と渡り合えるかって考えて良いイメージがわかない。

伝統あるギャランランサーミニカが復活しない事には話にならない。パジェミあたり復活させるなら自前でミニキャブ作ってほしい。
Commented by 名無し at 2015-06-21 17:44 x
MC前のアウトランダーはPSAにOEM供給したくてあんな(シトロエンC5みたいな)デザインになっちゃった。結局OEM供給することが無くなったので、MCで好きなようにデザインできたって感じ。