三菱自 アウトランダーで異例の大幅改良

三菱自動車は、2013年1月に投入した主力モデルのプラグインハイブリッド車(PHV)「アウトランダーPHEV」に大幅改良を施し、7月から発売する。相川哲郎社長が「発売から2年半ほどでの大幅改良は当社としても異例」と話す。
改良の目玉はデザインで、フロントグリルは従来とは似ても似つかないものになっており、「このデザインを順次、ほかの新型車にも広げていく」(相川社長)としている。2014年の社長就任当初から言及していた「ブランド再構築」を推し進めるうえでも、大胆なデザイン変更は重要なカギを握る。ほかにも内装も高級感を出すよう取り組んだという。

000000

■欧州市場の手応えと対策
今回の改良で三菱が意識したのは、アウディやBMW、ボルボといった欧州の高級自動車ブランドだった。というのも、2014年度のアウトランダー PHEVの世界販売3万5000台のうち、約7割を欧州が占めており、欧州メーカーのワゴンやSUV(スポーツ多目的車)から乗り換える顧客が多いためだ。
こうした顧客の動きは海外でのブランド浸透にはまたとないチャンスであり、「今後欧州の高級ブランドがPHVを出してくるのに対応しなければいけない」(相川社長)との考えから、早いタイミングでの大幅改良に至った。
欧州市場で一段の攻めに出る一方、国内販売の低迷という課題は解消できていない。市場の縮小スピード以上に台数が落ちており、シェアはこの10年でほぼ半減。直近、月によってはシェアが2%を切っている。
大幅改良後のアウトランダーPHEVの国内販売目標(2015年度中)は月販1000台。年間では1万2000台の計算となり、昨年度の8600台から4割増の拡大ペースを見込むが、シェア回復の原動力としては力不足だろう。

相川社長は国内販売の低迷について、「シェアを取りに行け、台数を増やせ、という指示は一切出していない」と言い切る。実際、2015年度の国内販売は前期比7%減の10.7万台という計画を立てている。国内販売を管掌する、服部俊彦・国内営業統括部門長も「シェア確保は重要な課題と認識しているが、それよりも利益率を高めたい」と話す。顧客が欲しいと思う車を造ることで、値引きに依存しない販売をしたいという。それが実現できれば、「台数は後からついてくる」(相川社長)との考えだ。
採算改善のため、「(比較的価格帯の高いSUVなどの)登録車を中心とした販売構造にシフトしていく」(服部部門長)。加えて、相川社長が力を込めるのが、車両の電動化だ。「国内では軽自動車は現在の規模を保ちつつ、増加分はPHVなどの電動車両にしていく」と語った。

■国内販売は難しい舵取り
ただ、「2013年1月の発売直後にバッテリーの過熱問題が起こって以来、アウトランダーPHEVの販売は振るわない」(都内販売店の店長)との声も聞かれる。従来の車の価格は332.4万円~429.7万円に対し、装備を充実させたことなどから、改良後は359.6万円~459万円に値上がりした。今後、国内4割増のペースを見込む上で、この価格設定が受け入れられるのかが一つのポイントだろう。
前出の店長は、「むしろ頼みの綱は、好調なミニバンの『デリカD:5』や、知名度のある『パジェロ』。(数年内に予定される)モデルチェンジに期待したい」と話す。2014年度の国内販売は前期比2割減の11万4774台で、登録車は3万9578台だった。この登録車の台数は、メルセデス・ベンツやフォルクスワーゲンといったドイツの輸入車よりも少ない。
メーカーにとって利益率を高めることが優先事項とはいえ、一定の台数が売れないことには販売店の経営も楽にはならない。売れる車を増やして、販売店とウィンウィンの関係を築けるのか。シェアが低迷する中、国内販売は難しい舵取りを迫られている。
http://toyokeizai.net/articles/-/74330


[PR]

by ganbaremmc | 2015-06-24 06:22 | 三菱自動車 | Comments(0)