マツダの「SKYACTIV」、第2世代へ

マツダは、走行性能と環境性能を両立させた
「SKYACTIV」技術を第2世代「GEN2」に進化させる。 

第2世代は「究極の燃焼技術と電動化技術を組み合わせて劇的に燃費性能を改善する」(同社)としており、2016~2018年度の期間に投入を始める。2019年度からは本格導入する計画だ。  第2世代へのロードマップは、同社が2015年4月末に開催した決算説明会で明らかにした。  SKYACTIVの第1世代の搭載車の普及で、2015年にマツダのグローバルでの全車平均燃費は約30%向上している。  第2世代の投入で、2020年には同50%の向上を目指すという。 

000000

第2世代では、これまで通りエンジンを中心とした性能強化を進めつつ、
電動化にも本格的に取り組む。 
電動化については、現状ではエンジン車でアイドリングストップ機構「i-stop」や減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」などを搭載したり、トヨタから技術供与を受けたハイブリッドシステムを搭載した「アクセラ」を国内限定で販売しているにとどまる。 2019年度に向けて、アイドリングストップ機構など既存の技術に磨きをかけつつ、一歩進んだ電動化技術の搭載すると見られる。

世界的な燃費規制が進む中、エンジンだけでは限界があるのも確かだ。  中国では、政府が企業平均燃費を2020年に20km/Lとする方針を示している。  トヨタが中国でハイブリッド車を普及させようとしているのはこの燃費規制に対応するためだ。 小型車に強いスズキでさえ「中国の規制をクリアするのは簡単ではない。  あらゆる手段で対応を進める」との方針を示す。 
マツダ取締役で中国事業を統括する稲本信秀氏は2015年4月に開催した上海モーターショーで「ハイブリッド車投入も検討事項の一つ」と述べていた。 エンジンに経営資源を集中してきたマツダが電動化にどう舵を切るのか。  その答えの一つが、2015年5月に発表したトヨタとマツダの包括提携になる。  両社は「環境・安全のあらゆる面で中長期的に協業していく」との方針。
マツダ社長の小飼雅道氏は会見で「トヨタの力を借りながら、SKYACTIVの価値を高めていきたい」と述べた。  必要となれば、トヨタが2015年末に発売予定の次期「プリウス」に搭載するハイブリッドシステムや、2014年12月に発売した世界初の量産型燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の技術を流用する可能性もありそうだ。   SKYACTIV第2世代エンジン開発のカギを握ると見られるのが、マツダの“ミスターエンジン”こと人見光夫氏だ。  常務執行役員の人見氏は日経Automotiveに対して「超希薄な混合気が自己着火する研究を進めている」と述べている。  内燃機関は、着火や排ガス処理など主要なメカニズムが明確に把握できていない点が多く、熱効率も40%程度になったばかり。  常識を覆す取り組みが期待されている。  市場の調査データでは、エンジン搭載車は2040年でも70%はあるとの指摘もある。  1社ですべてをやりきるのではなく、他社とゆるくつながり、成長戦略を描く━━。  マツダの事業戦略はほかの自動車メーカーにとっても混迷の時代を生き抜くヒントがありそうだ。
techon.nikkeibp.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-06-30 14:43 | マツダ | Comments(0)