トヨタ ジュリー・ハンプ容疑者をかばいすぎ

トヨタ自動車常務役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)が
麻薬取締法違反(輸入)容疑で逮捕された事件が、さらに燃え広がっている。

000000

6月23日、警視庁が愛知県豊田市のトヨタ本 社、東京都文京区の東京本社など3カ所を家宅捜索したのである。  ハンプ容疑者は取り調べに「腰やひざの痛みの緩和のために必要だった」「輸入はしたが、 麻薬ではない」などと話し、容疑を否認しているという。  
ハンプ容疑者が輸入したのは、「オキシコドン」という麻薬成分を含む錠剤57錠。米国で は処方箋があれば痛み止めとして容易に入手できるため麻薬としての乱用が横行し、社会問題 化している。薬物問題に詳しい小森栄弁護士がこう語る。 「ヘロインよりは純度が低いが、アヘンの一種で依存性がある。ただ、米国は麻薬所持への処 罰が日本より軽く、単純所持だけで逮捕されるケースはほとんどない。報道された供述を見る限り、ハンプ容疑者側は『違法性の認識がなかった』などと主張し、不起訴に持ち込む戦略で はないか」  捜査の行方はさておき、苦境に立たされたのはトヨタだ。
4月に就任したばかりのハンプ容 疑者は広報の責任者で、トヨタ初の女性常務役員。抜擢した豊田章常務役員。抜擢した豊田章 男社長は逮捕翌日の19日に会見し、「私にとってもトヨタにとってもかけがえのない仲間」 「捜査を通じて、法を犯す意図がなかったことが明らかにされると信じている」と、かばっ た。

この会見に違和感を覚えたと語るのは、
危機管理コンサルタント会社「リスク・ヘッジ」の田中辰巳代表だ。
「 問題は意図があったかではなく、逮捕されたという事実。コンプライアンスの対外的な責任 者である広報担当役員が逮捕されたのに、事態を重く受け止めていないようなメッセージにな ってしまった。『 お友達内閣 』と言われた第1次安倍政権で、不祥事を起こした閣僚をかばっ た安倍晋三首相を連想しました
」  
東京商工リサーチの友田信男情報本部長の評価も厳しい。
「 『 あくまで個人の犯罪 』 と説明すべきだった。ハンプ容疑者が有罪となった場合、『 会社ぐ るみでかばっていた 』 と思われかねない 」  間の悪いことに、24日にトヨタが公表した有価証券報告書から、章男社長に前年度を約1億2千万円上回る3億5200万円の報酬が支払われたことが報道された。 配当金との合計では約12億7千万円となり、日産自動車のカルロス・ゴーンCEOの約11億4千万円をも上回った。  
好調な業績の反映とはいえ、「おごり」が今回の綻びにつながった可能性はないのか。 「他国と比べて極めて閉鎖的だった日本の自動車業界で、いち早くグローバル化を目指した人 事自体は画期的だった。この失敗も今後の糧になるのでは」(友田氏)
http://dot.asahi.com/wa/2015063000099.html

[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-02 05:40 | トヨタ | Comments(0)