580兆円の小惑星が地球のそばを通過

小惑星「2011 UW-158」が日曜日、地球から240万kmの距離まで接近、通過する。
この小惑星の大きさは500メートル程度であるが、
質量1億トンのプラチナの核が存在していると考えられている。
その価値は日本円で580兆円に相当する。
小惑星通過の様子はカナリア諸島の天文台からインターネットで生中継される予定。
dailymail.co.uk

000000

車とは関係ないと思いきや
「 これだけプラチナあったら車とかの触媒にどんどん使えるから
空気きれいになるぞ燃料電池車も安上がりに 」

へぇー

[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-19 18:04 | ニュース・その他 | Comments(0)