ホンダ ジェイド早くも販売不振に

マガジンXさんのツィートにあったホンダネタ。

000000

7月20日までのホンダ車受注、含軽3.6万台にとどまる。
7月20日過ぎまでのホンダ受注残が入ってきました。
軽自動車を含む受注全体で3万6000台を超えたくらいです。 
今週末が事実上、受注獲得最後のチャンスですが、現状では含軽4万台がやっとのペースです。 昨年の7月は登録車3万9700台、軽自動車3万1200台の合計7万1000台超でした。 この数字よりかなり下回りそうです。 なかなか回復軌道に乗りませんね。

フィットガソリン 2600台 フィットハイブリッド 3000台
グレイスガソリン 240台 グレイスハイブリッド 820台
ヴェゼルガソリン 1400台 ヴェゼルハイブリッド 2800台
シャトルガソリン 460台 シャトルハイブリッド 3200台
ジェイドガソリン 320台 ジェイドハイブリット 320台
ステップワゴン 3900台 オデッセイ 800台 
NBOX 7700台 スラッシュ 900台 NBOXプラス 420台
N-ONE 1500台 N-WGN 4300台  S660 1550台


販売店からの大量離職が続いている。ホンダはお客様離れに加えて、従業員離れに歯止めが かからない。長期的にも大変な事態になってきた。
https://twitter.com/CyberMagazineX

[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-24 15:02 | ホンダ | Comments(2)

Commented by 初代ek元ユーザー at 2015-07-24 19:57 x
ジェイドは完全に戦略ミスですよ。

ミニバンとステーションワゴンの良さを合わせ持つのが売りな車なのに、出した次の月にミニバン需要でバッティングする新型ステップワゴン、その次の月にはステーションワゴン需要でバッティングするシャトルと続けて出せば、売上が落ちまくって当たり前ですよ。

子供でも解りそうな事が解らないのが今のホンダの首脳部何でしょうね(泣)
Commented by cvcc at 2015-07-25 11:15 x
普通の人が欲しがる、台数望める車がステップワゴンとヴェゼルくらいですからね。

ただ、ヴェゼルだってデザインと広さはいいですが、乗り心地や安全装備は見劣りします。
噂のプリウスSUVが出たらひとたまりもないかもしれません。
S660はカッコイイですし、きっと走りもいいでしょう。でもこれは台数に貢献する車ではありません(こういう車は非常に大事)。
JADEは走りの評価(特にRS)はいいようですが、とにかくシート構成がイミフ。色も地味なのばかり。
それと、国内仕様にスカイルーフの設定画ほぼ無くなっています。
数の出る装備ではないのかもしれませんが、トヨタはちゃんと選ぶことは出来ます。
こういう夢のある装備をどうせ数がでないからと最初から選べないと、なんだか貧乏くさいメーカーに感じられてしまいます。
自動ブレーキもFITクラスの物は完全に時代遅れで、最新のダイハツやスズキの軽自動車以下の性能です。
F1も「何やってるの?」状態です。
デザインもCR-ZやS660新型スピリア(中国のアコードクラスのスポーツセダン)なんかはイイですが、デザインの方向性がてんでバラバラ。
変なグリルだけ合わせてもダメです。
三菱もMC前アウトランダーや現行ミラージュはデザインがダメでしたが、復活しつつありますし、マツダもワンパターンではありますがいいデザインです。トヨタはちゃんとお客が喜ぶツボを押さえてデザインされています。
ホンダは今、なんだか全てがグダグダなので、今のホンダの惨状を抜けるのはなかなか厳しいでしょうね。
新社長には頑張ってもらいたいです。