三菱自 米生産撤退で120億の利益増



三菱自動車は27日、米国での自動車生産を11月末に終了すると発表。
30日の取締役会で正式決定する。 
現在、米国イリノイ州の工場で手掛けているスポーツ用多目的車(SUV)「アウトランダースポーツ」(日本名RVR)のみ。 米国からロシアへの輸出が減り、稼働率が低下しているため、米国での車両生産を打ち切ることにした。 イリノイの工場は売却する方針。
相川哲郎社長は27日、東京都内で記者会見し、 「 米国工場を維持するだけの生産規模になっておらず、経済合理性にかなうレベルではないのが明白。 『 選択と集中 』 の観点より今回の決定になった。今後の生産体制は日本、ASEAN、ロシアを中心にする 」 と語った。   工場の売却先については 「 現時点ではまだ交渉相手がいるわけではないが、これから全米自動車労組(UAW)と一緒に探していきたい 」 と説明、 「 近日中に共同でプレスリリースを出す予定 」 という。  一方、米工場の売却決断を後押ししたのはあくまで生産規模であり、為替の影響はなく、環太平洋連携協定(TPP)も 「 まったく関係ない 」 と述べた。
ASEAN地域での事業展開については 「 いずれの国も40年ないし50年ほど前から販売網を築いてきた。他社と競合しても販売を伸ばすのは可能と見ている 」 と、自信を示した。

000000


野村証券 
三菱自の目標株価1370円に 買い推奨

野村では、現状の為替では、RVRの国内生産コストはイリノイ工場に比べ台あたり20万円以上低いと推定。 米国イリノイ工場の従業員は1200名で、人件費など固定費の削減効果は、年間120億円以上の限界利益増が期待できるとみている。 また、15年3月期に、イリノイ工場の生産設備140億円は減損済みであり、固定資産関連の追加損失リスクは限定的とコメント。 
レーティングを「Neutral」から「Buy」へ、目標株価を1140円から1370円に引き上げている。

[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-27 15:41 | 三菱自動車 | Comments(2)

Commented by くまお at 2015-07-28 00:10 x
不振で工場を売り払うのに株価が上がる。
株の世界は理解できない。
固定費削減で一時的にはいいかもしれないのでしょうが…
Commented by ともぞー at 2015-07-29 22:35 x
この施策が理解できないと言うのであれば、株だけでなく経営も理解できてませんね。