スバル 「XV」にPHV設定。17年から群馬で生産へ



富士重工業は小型SUV「XV」にプラグインハイブリッド車(PHV)を設定し、2017年秋をめどに群馬製作所(群馬県太田市)で生産を始める。米国の環境規制に対応するため、18年モデル車から販売を始める。米カリフォルニア州のZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)規制をはじめ、環境規制の厳格化に対応する。

000000

同社は13年から「XV(北米名・XVクロストレック)」にハイブリッド車(HV、写真)を設定。日本に加え、北米でも販売している。14年の北米での販売台数はXVクロストレック7万7878台のうちHVは8231台で、約1割強にあたる。日本でのHV比率に比べると低いが、XVは電動車としての認知も広がりつつあるようだ。
 XVのPHVはトヨタ自動車のシステムをベースに開発する。世界各国で環境規制が厳しくなる中、特にPHV設定を後押しするのは米カリフォルニアのZEV規制だ。18年モデルから同社を含む中規模メーカーも一定の割合でZEVを販売する必要があり、HVはZEVの定義から除外されることになる。
www.nikkan.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-28 07:57 | スバル | Comments(0)