トヨタ 期間従業員の人手不足深刻化。10万円支給



トヨタ自動車は、深刻化する国内工場の人手不足を緩和するため、
契約期間を延長する期間従業員に対し、
10万円の特別手当を支払う制度を今月から2年ぶりに復活させた。


000000


正社員に登用する期間従業員も2015年度は
14年度の約3倍の300人以上に増やす。

トヨタは今秋以降、看板車種のハイブリッド車(HV)「プリウス」の全面改良などに伴い、約1400人の人員が不足すると予測しており、待遇改善で優秀な従業員の確保を図る。トヨタは国内の工場で3800人の期間従業員を雇用している。特別手当は3か月の契約期間を終えた期間従業員が初めて契約を更新する場合に支払う。制度復活は消費増税前の駆け込み需要が見込まれていた2013年7〜12月以来。
news.biglobe.ne.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-28 13:47 | トヨタ | Comments(0)