マツダ 北米で新型デミオを売らないのは誤りだ


マツダは、北米では新型Mazda2を販売しないことを決めています。

0000

Car and Driverがマツダの北米市場でのマーケティングについて、Mazda2は十分売れるはずだと疑問を呈していました。  三菱ミラージュでさえ月平均2,150台を売っているのに・・・・・
続きはこちら

マツダの押しつけ商法には疑問。
新型ロードスターの場合、アメリカでは2.0L、日本では1.5Lのみ。
しかし、ヨーロッパとオーストラリアでは
MX-5のエンジンを2種類の排気量から選ぶことができます。・・・・
続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2015-08-10 07:35 | マツダ | Comments(2)

Commented by 車好き♫ at 2015-08-10 21:43 x
アクセラディーゼルも、最上級モデルにしてあれこれ余計なのつけて高くしてるよね。あれはガソリンが売れなかったから?そろそろ、ディーゼル廉価グレードを追加してほしい。

マツダはMCで地味に排気量大きいの追加したり、OP整理したりしてるのは確か。ロードスターが1.5なのは、最初は様子見ってこと?売れなくなった頃に隠し玉出すんだろうな。NR-Aとかまだ出てないわけだし。
Commented by 初代ek元ユーザー at 2015-08-10 23:59 x
北米でデミオを売れないのはサイオンにOEM 提供してるからでしょう。

マツダは同クラスで同仕様、同オプションの車なら、他社より安いんだけどね。