三菱自動車が「拠点再編」で攻める市場は? 

三菱自動車が懸案にメスを入れた。
北米子会社が米イリノイ州に構える工場の生産を
2015年11月末で終了することを決めたのだ。

目下、同工場で生産しているのは「アウトランダースポーツ(日本名・RVR)」のみ。米国市場向けのほかロシアなどへの輸出向けにも生産しているが、2014年の生産実績は6.9万台に過ぎず、稼働率は5割台にとどまっていた。今後も北米での販売は継続し、現地生産分は日本の岡崎工場に集約する。

三菱自動車はこれまでにも拠点再編を進めており、2008年にオーストラリア、2012年に欧州での生産から撤退した。リーマンショック後に生産台数が、2万~3万台まで落ちた米国は、つねに撤退が検討されてきた市場でもある。三菱商事出身で、2005年から経営再建の指揮を執った益子修会長がかつて、「身の丈に合っていなかった」と指摘した海外拠点の一つだ。
このタイミングで決断に至ったのは、生産台数の3割超を占めるロシア向けの輸出が、景気低迷を受けて2014年後半から急に落ち込んだことが大きい。1000人を超す従業員が働く米国工場は、今後買い手を探す。仮に売却先が見つからなければ、退職金や工場除却に伴う特損が発生するおそれもある。


かつて三菱自動車は、リコール隠しの発覚や、資本・業務提携先の旧ダイムラー・クライスラーの支援打ち切りから、経営危機の淵に追い込まれた。コスト削減と新興市場の成長で収益を改善させ、2013年度は過去最高益と16年ぶりの復配を果たし、再建にメドをつけた。2014年度も最高益を更新しており、「撤退費用を賄うだけの資金力を蓄積している」(メリルリンチ日本証券の二本柳慶アナリスト)。また、米国の自動車市場が好調なことから、「売却先探しには有利」(相川哲郎社長)と見ているのも、決断を後押ししたのだろう。

 現在、三菱自動車の世界生産台数は127万台で、日本とタイが全体の7割超を占める(上図)。日本は欧米向けの輸出拠点として、またタイは新興国向けの輸出車両を中心に生産している。米国撤退による拠点集約で効率化を図る一方、今後の成長のカギを握るのがアジアでの拡大だ。得意とする東南アジア各国は、古い地域では50年前から進出し、販売チャネルを広げてきた。日系メーカーの中では「トヨタ自動車の次に知られたブランド」(フォーインの中田徹・アジア調査部部長)という。実際、フィリピンでのシェアは20%でトヨタに次いで2位と、優位にある。現地拠点の年間生産能力は5万台だが、将来的には10万台を目指す。

00000


市場規模の大きいインドネシアでは、三菱商事との合弁で新工場(年間生産能力16万台)を建設中だ。
インドネシアの自動車販売台数は2014年に120万台を超しており、人口増加に伴って需要拡大が見込まれている。現状で三菱自動車のシェアは10%弱で5位。2017年に稼働予定の工場では、初めて自動車を買う顧客に人気が高い、7人乗りのMPV(マルチ・パーパス・ビークル)を生産する。ただ、需要が確実に見込まれるこのカテゴリーは、ライバルも見逃さない。トヨタや日産自動車などほかの日系メーカーはすでにMPVを投入し、三菱自動車がどこまで販売を伸ばせるか未知数だ。米国の生産撤退で懸案事項はひとまず片付く。が、北米でのシェアアップや、低迷する日本市場での挽回など、販売面の課題は残る。「生産能力の拡大と新商品の投入で、シェアの拡大が可能」(相川社長)と、自信を見せる東南アジアで、さらなる成長を遂げられるか。三菱自動車の今後を占う試金石となりそうだ。
zasshi.news.yahoo.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-08-16 07:32 | 三菱自動車 | Comments(1)

Commented by mtip at 2015-08-16 23:16 x
少しでいいから、日本を攻めてほしいです。