日産 リーフ が航続距離1.3倍に?米販売店が示唆

日産自動車のEV、『リーフ』。
同車の米国仕様車が、2016年モデルで大きな進化を果たすとの情報を、
米国の販売店が発信している。


0000


これは、米国インディアナ州インディアナポリスの日産販売店、「Andy Mohr Avon Nissan」が公式サイトを通じて明らかにしたもの。2016年モデルとして、改良が噂されるリーフについて、独自に情報を入手し、公開している。リーフは2010年末、日本と米国で発売。量産自動車メーカー初の市販EVとして、話題を集めた。現在でも、世界のEV市場をリードするリーフだが、2016年型では、どのあたりが変わるのか。

Andy Mohr Avon Nissanによると、2016年型のリーフでは、航続距離の延長が、最大の進化点。現行型よりも、蓄電容量を25%増したバッテリー(二次電池)搭載車が設定され、米国では最大で110マイル(約177km)の走行を可能にしているという。

現行リーフの米国仕様は、1回の充電で最大84マイル(約135km)走行可能。同販売店の情報によると、2016年型では航続距離を1.3倍に引き上げ、実用性の向上が図られることになる。
news.kakaku.com


[PR]

by ganbaremmc | 2015-08-19 21:24 | 日産 | Comments(0)