ダイハツ 新興国用SUVモデルを世界初公開

ダイハツ工業のインドネシアの子会社であるアストラ・ダイハツ・モーター(以下 ADM)が、8月20日(木)~30日(日)にジャカルタで開催されるガイキンド インドネシア国際オートショー2015(GIIAS 2015)に、 世界初公開となる2台のコンセプトカーや「セニア」などを出展する。

00000

0000

コンセプトカーはFFベースのクロスオーバーモデル「FX Concept」、本格的SUVを目指した「FT Concept」の2つ。また、日本で販売している軽自動車「ムーヴ」、「ウェイク」、「ミラ ココア」、「ハイゼット トラック」を出展する。
8月20日にマイナーチェンジし発売した7人乗り多目的乗用車「セニア」は車両だけではなく、新型エンジンを搭載した新開発プラットフォームについても展示を行うことてで、燃費性能や基本性能の進化をアピールするという。他にも市販車の「コペン」「テリオス GIIAS2015限定特別仕様車」、「アイラ新グレード」を出展する。
carview.yahoo.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-08-20 19:46 | ダイハツ | Comments(4)

Commented by cvcc at 2015-08-21 09:52 x
上の赤い車はホンダ中国のXR-Vそっくりですし、下のシルバーの車はちょっと角ばったハリアーですし、キャストとはN-ONEのSUV風味(ハスラー)足したものですし、コペンは結局先祖返りのデザイン投入ですし、最近のダイハツは独創性がなくなってきてますね。
Commented by take at 2015-08-21 13:00 x
日本では軽自動車で引っ張っているダイハツですが、海外モデルだと垢抜けていい感じですね。いい意味でダイハツらしくない。
サイズが気になりますが、上の赤いモデルが5ナンバーサイズなら、次期ビーゴでしょうか。
Commented by ワールド at 2015-08-23 01:17 x
トヨタに甘え過ぎですね。現行ムーヴもそうですが、ディテールはまんまトヨタです。グリルなんか自分とこでオリジナリティを出してほしいです。あとラインにのびやかさがない。FXの日産もどきのグリル、FTのハリアーを思い出させるグリル。いったいダイハツどうしちゃったのという感じです。

ただ、FTの写真を見る限り、フロントオーバーハングが短いのはいいですね。スバルのような無頓着さはないですね。ダイハツはもっといいデザインができるはずです。YRVなんかはとてもよかったですからね。
Commented by すーぷスプ at 2015-08-24 10:39 x
ワールドさん

>フロントオーバーハングが短いのはいいですね。
私もそう思います。
ていうか最近の車はフロントオーバーハングが長すぎる車が多いです。ちょっとした角度の坂でも気を使います。