スズキ 三菱自と日産と業務提携か、GMと復縁か

「 スズキが日産自動車や三菱自動車と、環境技術での業務提携するのではという情報も飛び交っている 」 ( 業界筋 )
「スズキが求めていた通り、独フォルクスワーゲン(VW)との包括契約を終了してスズキの株式が返還される結論となった。スズキが仲裁に求めていた最大の目的を達成できた。満足している」(鈴木修スズキ会長兼CEO<最高経営責任者>)

 スズキは8月30日、東京都内のホテルで緊急記者会見を開き、英国ロンドンにある国際商業会議所国際仲裁裁判所の仲裁判断で、VWが保有するスズキの全株式を買い取り、VWとの包括提携を解消すると発表した。約4年にわたったスズキとVWの提携解消問題はほぼ解決することになった。ただ、スズキがVWとの提携で目的としていた環境技術取得という課題は依然として残っており、スズキが次の業界再編に向けた火種になるとの見方も強い。

 スズキは2009年12月にVWと包括提携を結んだ。VWはスズキに19.9%出資したが「対等な関係」を強調していた。米ゼネラルモーターズ(GM)が経営不振に陥り提携を解消したスズキとしては、VWから電気自動車やハイブリッド車、低燃費技術などの環境技術などを得ることで生き残りを図る狙いだった。しかし、スズキの思惑は提携して間もなく外れることになる。

 VWはスズキに対して先進的な環境技術の開示を出し惜しむだけでなく、新興国向け小型車の開発でもVWが主導、スズキは「子会社のような扱い」を受けた。スズキがVWに対する不信感がピークに達したのは、VWが年次報告書でスズキを連結対象のように記したことだ。VWの出資比率を19.9%に抑えたのは、持分法適用会社にしないためだ。スズキはこうした扱いに反発、VWに説明を求める事態にまで発展した。

 さらにスズキが伊フィアット・グループからディーゼルエンジンの調達を決定したことにVWは激怒、VWがディーゼルエンジン供給の最終交渉権を持っていたとし、スズキの契約違反を主張した。相互に不信感が高まる中で、スズキは提携解消をVWに打診したが、VWは首を縦に振らない状態が続いた。業を煮やしたスズキは11年11月、VWに対して包括提携の解消を通知、その後、国際仲裁裁判所に仲裁を申し立てた。

 仲裁判断では、VWとスズキの包括提携の契約が11年11月の通知によって12年5月に解除されていたと認定、VWに対して保有するスズキの株式をスズキの指定する方法で処分するよう命じ、スズキの主張を認めた。ただ、ディーゼルエンジンのフィアットからの調達などでスズキにも契約違反があったとし、契約違反による損害の有無や額について引き続き仲裁で審議するとなった。

 仲裁判断を受けてスズキは、VWから自己株式として取得する予定だ。時期などは未定だが、買取総額は株式取得の時価によるため4000億円程度、場合によっては5000億円近くに達する見通し。VWのスズキ株式購入に投じた額は約2000億円。VWは仲裁判断について「(スズキ株式の売却で)収益と流動性の改善に期待する」とコメントしている。

注目されるのはスズキの今後だ。スズキがVWと提携したのは、遅れていた環境技術で他社に追いつくのが目的だった。特に、電気自動車やハイブリッド車、燃料電池車など、先進的な環境技術で出遅れているスズキが単独で生き残るのは困難とみられている。

 記者会見で鈴木氏は「自立して生きていくことを前提にして考えていきたい」と述べた。その背景にあるのが「(VWとの提携解消問題があった)この6年間で、マイルドハイブリッドや車両を100キロ軽くした燃費向上技術など、技術者が実力以上に努力してくれて、VWとの提携の目的だった内容はほとんど解決できた」(修氏)との自信だ。VWとの提携問題という「災いが転じて福となった」と言い切る。

 ただ、世界的に環境規制が強化される中で、電気自動車やプラグインハイブリッド車などの次世代環境技術を持たないスズキが「次の提携先を模索するのは当然」との見方は強い。

「日産自動車や三菱自動車と、環境技術での業務提携するのではという情報も飛び交っている」(業界筋)

 鈴木会長は30日の会見で「VW問題での6年間、大変貴重な経験をした。いろんな企業があるなとつくづく思った。自分が思い描いている企業体質ばかりではなく、いろんな異質な企業がある」と語った。

 スズキが、いずれどこかの自動車メーカーと提携するとしても、今度は慎重に相手を選ぶことになりそうだ。

http://biz-journal.jp/2015/09/post_11370.html



00000


こちらの記事では、GMとの復縁説

イタリアのフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が秋波を送っているが、VWとの関係悪化で懲りたスズキは、気心の知れない相手と組む気はないとされる。そこで浮上するのが、08年に資本提携を解消した米ゼネラルモーターズ(GM)との復縁だ。スズキはGMと喧嘩別れしたわけではない。・・・・・

続きはこちら



[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-03 09:13 | スズキ | Comments(5)

Commented by さまやん at 2015-09-03 12:35 x
スズキは(同じ織機メーカー出身のよしみで)過去2度トヨタに助けてもらったらしいので、トヨタとの提携もあるのではないかと。
Commented by kazuenokami at 2015-09-03 16:04 x
いっそスズキと三菱で合併すればいいと思う。車種からしても規模からしてもお互い損しないと思うんだけど。
Commented by ハシレミスト at 2015-09-03 18:11 x
いいね、新型モコ期待できる
Commented by ワールド at 2015-09-05 12:53 x
スズキと三菱は何となくうまくいくような気がします。
バッティングする車種が少ないからです。
トヨタとマツダのあの仲のいい情景を見ると不安を感じます。

Commented by Nostalgic Kei at 2016-01-11 01:52 x
私はスズキファンで所謂鈴菌といわれる者ですが是非とも日産三菱の連合にスズキを入れてもらいたいとつくづく思います。3社とも他社に負けない技術など有るので良いと思うのですけれどね。大型車から普通車や小型車や軽自動車などそれぞれのノウハウも活かせると思いますね。新型車の3社共同開発やNMSKVなど良いですし現にジヤトコは上手く行っていますからね。