欧州勢、PHVで日本市場攻略へ

欧州の自動車メーカーが家庭用電源で充電できる「プラグインハイブリッド車(PHV)」を日本市場に相次いで投入する。フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンは8日、主力車「ゴルフ」のPHVを国内で発売し、独BMWもスポーツ用多目的車(SUV)「X5」のPHVを発表した。ハイブリッド車(HV)が大きなシェアを占める日本市場だが、欧州勢は温室効果ガスの排出をより抑え、走行距離も確保できるPHVでエコカー市場に攻勢をかける。



 ゴルフのPHV「GTE」は、約3時間の充電で電気モーターのみでも最長53.1キロを走行できる。ガソリンエンジンと組み合わせたハイブリッド走行は燃費が1リットル当たり23.8キロで、「街中に住み、週末は遠距離を走るドライバーに良い選択肢だ」(スヴェン・シュタイン代表取締役)。価格は499万円で、最高38万円の補助金を受けられる。

 独BMWはX5のPHV「xDrive40e」の納入を12月に開始する。大型SUVながら電気モーターのみでも時速120キロまで速度を上げられ、最長31キロ走ることができる。排気量は2000ccで価格は927万~993万円で、補助金も受けられる。開発責任者のゲルハルト・ティール氏は8日の発表会で「PHVで攻勢をかける第一弾だ」と述べ、主力の「3シリーズ」など3モデルにPHVを来年投入する方針を示した。また、メルセデス・ベンツ日本は昨年12月、高級セダン「Sクラス」のPHVを投入。年内には主力の「Cクラス」でも発売する予定で、「まだまだ可能性を引き出せる車種だ」(上野金太郎社長)

 次世代自動車振興センターによると、平成25年度の販売台数はHVが101万3235台に対し、PHVは1万2972台とHVの約1%にとどまる。トヨタ自動車の「プリウス」などHVの豊富なラインアップに比べ、「車種の選択肢が限られている」(VWグループジャパン)ことが要因とみられる。国内勢でも三菱自動車がSUV「アウトランダー」のPHVを展開しているが、14年度の販売は英国が1万台、オランダが7400台と欧州が日本の8600台を上回る。同社は「補助金などが充実している」(広報部)と説明する。
国内でも自動車販売店やコンビニなど急速充電器の設置は全国で5000基を超え、普及への環境整備は着々と進んでいる。次世代自動車振興センターは、「プリウスなどのヒットでHVと普及に差が付いたが、PHVは車種が増えるここからが勝負になる」としている。
headlines.yahoo.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-08 21:59 | ニュース・その他 | Comments(1)

Commented by フォルティス at 2015-09-09 02:47 x
さすがだな 欧州の一流メーカーはディーゼルからPHV まで    さて三菱自工にとっても正念場やな 追い風となるか?……埋もれるか……