三菱「アウトランダーPHEV」は欧州で勝てるか

「来店のきっかけになっている」。
9月初め、都内の三菱自動車販売店の店長はこう言って顔をほころばせた。
呼び水となっているのは、大幅改良を施して7月から新たに発売した、
プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」だ。

0000000000

実際、三菱自動車の国内販売 ( 軽自動車を含む ) は、7月に前年同月比1%増と、14カ月ぶりにプラスに転じた。アウトランダーPHEVはそれまで、月間販売が1000台を割り込んでいたが、新モデルの投入で7月は2383台と一気に跳ね上がった。”初速”こそ落ちたものの、8月も1313台と国内の月販目標である1000台を上回っている。 プラグインハイブリッド車とは、家庭用コンセントなどで充電できるタイプのハイブリッド車(HV)のこと。モーターだけで走る電気自動車と、ガソリンエンジンとモーターの併用で遠距離走行ができるHVの機能を併せ持つ。電気自動車は、航続距離の延長や充電インフラの整備にはまだ時間を要するため、電気自動車への橋渡しにプラグインHVが期待されている。

スポーツ多目的車(SUV)「アウトランダー」のラインナップに、アウトランダーPHEVが追加されたのは2013年1月。そこからわずか2年半という異例の早さで刷新した。ボディやシャシーの大幅改良を施したほか、欧州の高級車ブランドを意識し、フロントデザインを一新。これが国内販売でも功を奏し、「ベンツやBMW、ボルボからの乗り換え客も獲得できている」(三菱自動車)という。また、アウトランダーPHEVの購入者のうち、50代以上が5割を超すというのも大きな特徴だ。この理由について、販売店から聞かれるのは、「給電機能」を搭載していること。定年退職後、アウトドアや車中泊を交えた旅行をする人には、車にコンセントをつないで電化製品が使えるという点が受けているようだ。
ただ、日本は環境対応車の中でハイブリッド車が圧倒的なシェアを握っており、2014年は登録車販売の中で3割を超えている。一方、プラグインHVは登録車の中で1%にも満たないため、まだまだ認知度が低く、販売店からは「三菱だけがやっているエコカーとなると、なかなか理解が得られない」という声も聞かれる。

だが、ここに来てが好材料が出てきた。輸入車がプラグインHVの強化に動き出しているからだ。フォルクスワーゲングループジャパン(VWJ)は、旗艦車種のハッチバック車「Golf」にプラグインHVの「Golf GTE」を追加し、9月8日から発売した。 価格は499万円と「戦略的な設定」(正本嘉宏VWJマーケティング本部長)としている。
メルセデス・ベンツ日本は昨年から、最上位モデルのSクラスで「S 550 PLUG-IN HYBRID long」(1590万円)を発売。BMWはSUV「X5 xDrive40e」(927万円)を9月8日に発表したが、どちらも上位モデルからの導入だ。対するVWJは、シリーズ全体の販売台数が毎年2万台を超える「Golf」シリーズでの展開。スヴェン・シュタインVWJ社長は、「特別な車ではない、普通の車で出すことにVWらしさがある」と強調する。

2016年には、4代目プリウスのプラグインHV発売も控えており、BMWは今後、ボリュームゾーンの「2シリーズ」や「3シリーズ」にもプラグインHVを日本で展開する予定だ。各メーカーの新車投入でプラグインHVの注目度が高まれば、先頭を走る三菱自動車にとっても追い風になるだろう。もっとも、三菱自動車の国内販売は11.5万台(2014年度)と、世界販売実績の1割程度に止まる。実は、2014年度のアウトランダーPHEVの世界販売3万5000台のうち、約7割が欧州を占めている。環境対応車に対する補助金制度も充実しており、本命は欧州市場だ。
9月15日から始まるフランクフルトモーターショーでは、新型のアウトランダーPHEVを欧州で初披露し、今月中に販売を開始する。異例の早期モデルチェンジの成果が問われるのはこれからだ。SUVとプラグインHVを戦略軸に据える三菱自動車は、2017年中に小型SUVを投入し、その後、プラグインHVのモデルも追加する予定。先の新車投入に弾みをつけるためにも、アウトランダーPHEVの欧州での売れ行きが大きな試金石となる。
http://toyokeizai.net/articles/-/83979

[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-13 17:47 | 三菱自動車 | Comments(0)