スズキ 新型バレーノ披露

 



スズキが2016年春にヨーロッパで発売する
コンパクトカーを越えるコンパクトカー「バレーノ」。
その姿が、2015年フランクフルトモーターショーにて公開されています。
パワートレインは、バレーノのコンセプトモデルとして2015年のジュネーブショーで発表された『iK-2』にも搭載されていた1.0リッター直噴ターボ「BOOSTERJET」のほか、日本でもおなじみの1.2リッター「デュアルジェット」、そして1.2リッターにマイルドハイブリッド「SHVS」を加えた3種類と発表されています。また安全装備では、ミリ波レーダーを使った衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールを搭載しているというのも、グローバルな展開を含めて気になるポイントです。ボディサイズは、全長3995mm・全幅1745mm・全高1470mm。新しいプラットフォームを採用しているという点も見逃せません。
http://clicccar.com/2015/09/16/327172/
[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-16 09:26 | スズキ | Comments(5)

Commented by 寝男 at 2015-09-16 13:27 x
スイフトにしちゃデカイし、オーリスやシビック対抗にしては小さいし…どの位置を目指しているのだろうか?
Commented by な~んか at 2015-09-16 16:16 x
ベルタに見える
Commented by virtualXXX at 2015-09-16 18:23 x
バンパーにアクセントが加わればイメージがガラッとかわるとおもいます
Commented by GIN at 2015-09-16 18:57 x
悪い意味で、昔のスズキの感じが出てる。
カルタスって感じ
Commented by cvcc at 2015-09-17 09:52 x
アリオの復活版って感じで、あのスイフト以来の良さが出てない感じですね。
スイフト、新アルト、ハスラーと、デザインも良かったのに、、昔に逆戻りした感じがするな。