スバル 米インディアナ工場を増強。約170億円を投じる

富士重工業は21日、米新車市場の旺盛な需要に対応するため、
米インディアナ工場に計1億4000万ドル(約170億円)投じ、
2017年までに年産能力を10万台拡大すると発表した。
約1200人の雇用効果を見込む。

0000000000

同工場では現在、人気のスポーツ用多目的車(SUV)「アウトバック」やセダン「レガシィ」、トヨタ自動車から受託している「カムリ」(16年秋に終了予定)を生産している。年産能力は約30万台。米子会社スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ(SIA)のイースターデー上級副社長は声明で、「当社の生産能力の増強は、雇用創出やサプライヤーの設備投資につながる。今回の計画でインディアナ州の役に立てることを光栄に思う」と述べた。
時事通信
[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-24 09:08 | スバル | Comments(1)

Commented by 三菱の工場 at 2015-09-24 17:33 x
三菱の工場買えば良いのに