スズキ 東京モーターショーに注目

自動車各社は30日、
10月末の東京モーターショーの出展概要を発表した。

ホンダは量産タイプの燃料電池車(FCV)「新型FCV(仮称)」を世界で初めて披露する。
スズキは市販予定の小型クロスオーバー車などを展示する。
マツダはスポーツ車のコンセプトモデルを世界初公開する。
環境性能を高めた次世代エコカー、走る楽しさを強調したスポーツ車などで、クルマへの関心をより高めてもらう狙いだ。 新型FCV(仮称)はトヨタ自動車の「ミライ」に続く量産型FCVで、走行可能距離は700キロメートル以上、3分程度の短い時間で水素を充填できる。 最大の特長はミライを上回る乗車定員5人という車内空間の広さだ。燃料電池や発電システムといった駆動機構を小型化し、ボンネット下に収納することで、広いスペースを確保した。正式名称や価格などは東京モーターショーで発表する予定。2016年3月、日本での発売を予定している。「新型NSX」はアルミニウムや炭素繊維を用いて軽くした車体に、3つのモーターで構成する新型ハイブリッドシステムを搭載する。前輪を左右独立した2つのモーターで制御することで運転しやすくした。16年春以降、北米などで発売する予定。 「シビックタイプR」はエンジンにターボチャージャー(過給器)を組み合わせることで、最高出力を310馬力に引き上げた。歴代のタイプRモデルの中で最も高い性能を持つ。すでに欧州で今夏から発売されており、10月28日から日本でも発売する。

マツダはスポーツ車のコンセプトモデルを世界初公開するほか、
現在同社の主力となっている多目的スポーツ車(SUV)の
新コンセプトモデル「マツダ越KOERU」を日本初公開する。
1967年に発売した「コスモスポーツ」など往年の名車も含め計14台を出展する。
スポーツ車のコンセプトモデルの詳細は明らかにしていないが「マツダのスポーツカーの歴史を凝縮させたようなスタイリング」としている。5月に発売したスポーツ車「ロードスター」のレース仕様車も展示する。

スズキは市販予定の小型クロスオーバー車「イグニス」を初公開する。

000000000 

0000000

小さな車体で街中で走りやすいだけでなく、雪道や荒れた道などでの走行性能を高めている。エンジン排気量は1.2リットルで、ハイブリッド車(HV)も設定した。10月15日に発表する予定のSUV「エスクード」の新型も展示する。コンセプト車では駐車時にシートを自由にアレンジしたり、大画面モニターでスマートフォン(スマホ)の内容を楽しめたりする3列シートミニバンの「エアトライサー」を披露する。軽自動車では車体後部の荷台が自動で可動する「マイティデッキ」、二輪車では収納スペースを増やし利便性を高めた原付きスクーター「ハスラースクート」などを展示する。
日本経済新聞

「 第44回東京モーターショー2015の出品概要 」

http://www.suzuki.co.jp/release/d/2015/0930/index.html


[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-30 18:28 | スズキ | Comments(3)

Commented by ともたん at 2015-09-30 20:29 x
やっぱりスズキええなぁ
Commented by cvcc at 2015-10-01 09:59 x
写真の箱型のミニバンはワーゲンバスみたいにシンプルなデザインで売れそうですね(^^)
FJクルーザーっぽさを入れたハスラーも売れていますし、最近はダイハツよりスズキがイイ感じですね!
イグニスみたいなのこそ三菱のパジェロミニとしてすぐに出も出した方がいいと思うんですがねぇ・・・
NMKBの企画の人は何やってたんでしょうかね?
後追いばかりですね。
Commented by cvcc at 2015-10-01 10:19 x
国沢氏は
>私のスタンスは「自動車メーカーはウソを付いちゃいけない」。「ウソを付かないで欲しい」に近いもしれない。だからこそスズキのように、レーダーを使っていないのに『レーダーブレーキサポート』と偽るような姿勢のメーカーは全て信じられない。スズキなら平気でウソを付くだろうな、と思う。スズキで不祥事が起きたら遠慮なく「そういうことをやる企業です」と言い切る。

だそうな。
そこはVWを弾劾するべきところじゃないのかいな?
どうもVWの問題を「他も嘘をついている」と、薄めようとしてる気がするなぁ。
勿論、その指摘(レーザーなのにレーダーというのを商品名に入れている)は正しいけれど、だいぶ前の記事でも書いていたことを、VWの問題が出てきたのでワザワザ「他も・・・」と引っ張り出してきたとしか思えないですね。