トヨタ VWの不正を数年前から見抜いていた

トヨタ自動車が数年前から、
独フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車の排ガス性能に疑問を持ち、
欧州の規制当局に取り締まりを要請していたことが
「日経エコロジー」の取材で明らかになった。

000000000

背景にはディーゼル車の開発において、
VWと同じような燃費や走行性能を求めると、
排ガス性能が発揮できなかったことがある。
競合他社のデータと比べてもVWが不正ソフトを使っていなければ説明できないデータだったという。

しかし、規制当局は動かなかった。・・・・・・
続きはこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-01 16:22 | トヨタ | Comments(4)

Commented by cvcc at 2015-10-01 16:04 x
やっぱりですね。
同業他社のテストでVWがこういう疑念を抱かれるのですからVWはかなり悪質だったのでしょうね。
何の取材してるのか、一部の日本のヒョウロンカ(笑)達は揃ってVWが何やっても「日本は遅れている」とVW賛美でしたからね。
Commented by 初代ek元ユーザー at 2015-10-01 16:39 x
某ヒョウロンカの人、今度は関係ない自動ブレーキを持ち出して論点ずらし始めましたよ。VWが敵失してる間にマツダがシェアをのばさないようにをこき下ろしたいみたい。

因みにマツダの自動ブレーキのページみたらちゃんと赤外線レーザーって書いてましたよ。
Commented by のぺのげ at 2015-10-01 22:55 x
もしかしたらだけどアメリカで問題発覚するように裏で動いていたのもトヨタとかなのかもしれない。ともかく日本メーカーは黙っているけどムッツリスケベみたいなとこある(笑)。
Commented by cvcc at 2015-10-02 10:18 x
>初代ek元ユーザーさん

あのヒョウロンカは酷いですね。
確かにHPには「近赤外線レーザーレーダー」と書かれているので、是正は必要かもしれないが、「赤外線レーザー」を「ミリ波レーダー」と偽って国の検査に不正を働いている訳ではありません。
さらに、この事項を「VWのディーゼルの不正、それと全く同じ図式」だそうな、スズキばかりかマツダのだいぶ前の事故の話を引っ張り出してきてまでのこの論点ズラしは酷過ぎます。
どちらも是正は必要ですが、問題のレベルが段違いです。
マツダは「約4~30㎞/hで走行中」とちゃんと書いてあります。これを「約4~80㎞/hで走行中」と書いたわけではありません。単なる商品名の問題です。
これをVW、「検査の時点で不正プログラムと使って政府とお客を騙す」行為と同列視するかのようにとられる擁護は感心しませんね。