京セラ ディーゼル車のすす、試験時以外も測定

ディーゼル車の排ガスに含まれる「すす」を走行中など
試験時以外にも測定できる車載センサーを京セラが開発、
2017年に製品化する。

000000

ディーゼル車のすす排出量は、欧米など多くの国・地域の排ガス規制でPM(微粒子)量の上限として規定されているものの、日常の走行時には測定されていない。このため車両に搭載しているPM除去フィルター(DPF:ディーゼル・パティキュレート・フィルター)が機能しなくなっても、これを排出量から検知することはできていないという。

 現在のところ、すすを継続的に測定できる車載対応のセンサーは量産できていない。このため排ガス中のPM量を測定することでPMフィルターが機能していない状態を検知する規制の実施が、規制地域においても先送りになっているという。また現行の規制では、多くの車両が備える自己診断機能(OBD)でPM除去フィルターの故障を発見するため、すす排出量の規制値が定められているが、すすセンサーがないために活用されていない状況にある。

 今後、ディーゼル車の排ガス中のすす規制が施行されると、規制地域のすべてのディーゼル車にすすセンサーの搭載が義務付けられる可能性がある。ディーゼル車に対しては、ドイツVolkswagen(VW)社の不正発覚を機に規制強化についての議論が沸き上がっており、今回のセンサーの開発は規制化の動きを後押しする材料にもなりそうだ。
京セラが開発したすすセンサーは、燃焼温度が高いディーゼルエンジンの排ガス雰囲気内でも機能する。走行中のディーゼル車の排ガスは500℃を超え、既存のすすセンサーは高温下で継続して測定ができなくなる。既存センサーが検知部に白金を使っていることに由来する。白金は、高温環境では酸化しやすいために、すすと反応して、検知部が塞がれてしまう。

 今回のすすセンサーは、セラミックスと卑金属を多層に焼結した構造で、高温でもすすと反応することがない。卑金属は同社の開発品で、高温下で酸化しにくい。同社は、半導体や電子回路を封止するセラミックスパッケージで培った知見を生かした。2014年から開発を始め2016年12月まで続ける。

 白金に比べて低コストの卑金属を原料に使うため、搭載義務付けとなった場合にも自動車メーカーの負担は極端に大きくならないとみられる。
techon.nikkeibp.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-08 18:15 | ニュース・その他 | Comments(0)