スズキ インドでディーゼルHV車投入

スズキはシェア4割をおさえる主力のインドで
ディーゼルハイブリッド車(HV)に参入する。
やや高めの価格帯を狙い、2016年には新しい小型車も投入。
軽自動車をベースとした安価な小型車を強みとしてきたが、急拡大する中間層に人気のある中型車種の品ぞろえを広げ、競合を引き離す。


000000000


新しく投入したのはセダン「シアズ」に簡易型のHVを搭載したモデル。
ディーゼルエンジンに補助バッテリーを組み合わせて従来に比べて8%燃費性能を改善した。HVは購入時の物品税が安くなるメリットがあり、都市部を中心に販売する。価格は日本円換算で150万~185万円。インド北部にある主力のマネサール工場で生産を始めた。HVのインド生産は初めてとみられる。

搭載したディーゼルエンジンは欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)からの技術供与を得た。インドは軽油価格が安く、ディーゼル車の比率が過半を占める。ガソリンエンジンの小型車が多かったスズキも品ぞろえを広げる。

来年には新しい小型車「バレーノ」を販売する。
エンジン排気量は1~1.2リットル。車内を広くして燃費を改善した。価格は未定だが、80万~130万円の現行の主力小型車より高めに設定するもようだ。「バレーノ」もマネサール工場で生産する。

 
スズキは子会社マルチ・スズキを通じてインドでシェア4割を保つ。
安価な小型車販売を得意としてきたが、今期からはより所得の高い層を狙った上級店「ネクサ」を展開し始めた。15年度中には現在、約30店の「ネクサ」を100店に増やす。手がける車種は欧州向けの多目的スポーツ車(SUV)「SX4 Sクロス」(152万~252万円程度)に「バレーノ」が加わることになり、より幅広い顧客層を切り開く。スズキはこれまで「アルト」や「ワゴンR」など軽自動車をベースとする車などを得意としてきた。最も安価な「アルト」は販売価格が45万~63万円程度。インドではホンダや現代自動車の攻勢が強まっており、品ぞろえの拡充が課題になっていた。
日本経済新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-09 16:59 | スズキ | Comments(1)

Commented by ワールド at 2015-10-11 12:36 x
スズキも徐々に乗用車のデザインレベルがアップしたきたように感じます。ディテールの作り込み、造形、軽から少しずつ脱皮してますね。ダイハツより一歩進んだ感じです。ダイハツはタントやムーヴ・コンテのような素晴らしいデザインを捨て、Nやハスラーの亜流を出してるあたり、そろそろ危機感を持ってほしい。