三菱電機 車外からでもボタン一つで縦列駐車

三菱電機は14日、準天頂衛星を活用したGPS(衛星利用測位システム)などを搭載し、自動運転ができるコンセプトカーを公開した。他の車や交差点の死角など事故が起きそうな危険エリアを把握し、安全運転ができるのが特長。自動車メーカーと協力して開発を進め、2020年以降の実用化を目指す。29日から東京ビッグサイト(東京都江東区)で始まる「東京モーターショー」に出展する。

コンセプトカーは、衛星から情報を受信するアンテナのほか、監視カメラや赤外線カメラ、超音波センサーなどを搭載。遠くからでも、夜間の山道で動物が飛び出してくるのを正確に検知でき、白線のない道路で渋滞に巻き込まれても車間距離を認識し、事故を防ぐことができる。

14日は報道陣向けの試乗会を実施。コンセプトカーは時速6キロ程度のゆるやかなスピードで、信号機や標識を認識しながら、カーブの道もスムーズに走行した。走行試験では、時速40キロでも安全に運転ができることを確認しているという。
三菱電機は、簡単なリモコン操作で縦列駐車ができる技術も開発。18年以降に、民家や商業施設などの駐車場での実用化を目指す。大橋豊専務執行役は「位置把握や運転制御などの技術を磨き、安全性を高めたい」と述べた。
sankeibiz.jp

 




[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-14 19:34 | ニュース・その他 | Comments(3)

Commented by virtualXXX at 2015-10-14 20:20 x
鎧武者のよう
素晴らしいバンパー
感動しました
Commented by テツ at 2015-10-14 21:53 x
三菱車でよかった
Commented by 名無し at 2015-10-15 03:14 x
新型7シリーズでも似たような機能なかったけ?