マツダに打撃?独政府がディーゼル車の優遇を廃止か

ドイツのヘンドリクス環境相は15日、
ディーゼル車に対する税制優遇措置の廃止と
電気自動車の普及促進を政府は検討すべきとの見解を明らかにした。

000000000

ZDFテレビに述べた。同環境相はまた燃費の悪い車両への課税を強化する可能性があると語った。2020年までに国内の電気自動車を100万台に増やす計画は変えていないとした上で「目標に近づくためには何らかの措置が必要だ」と述べた。
http://jp.reuters.com/article/2015/10/15/volkswagen-emissions-germany-hendricks-idJPKCN0S90MT20151015
[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-15 20:20 | ニュース・その他 | Comments(3)

Commented by 初代ek元ユーザー at 2015-10-15 20:39 x
三菱には追い風になるかも?
Commented by 名無し at 2015-10-16 15:44 x
そのためにトヨタの傘に入ったんでしょ。
それに、日本ならともかくマツダが欧州でディーゼルを強みにしてるかっていったらそうでもないんじゃない?
Commented by とおりすがり at 2015-10-17 18:16 x
>>三菱には追い風になるかも?
提携。その後技術だけ盗られてポイになりそうな気がする。

スズキはホントにうまく立ち回ったと思う。