ホンダ社長 「車種は増やせんよ」

ホンダの八郷隆弘社長は日刊工業新聞社のインタビューに応じ、
2016年度の4輪国内生産を、年80万台超とする方針を明らかにした。

000000000

15年度計画に続き低水準が続くことになる。
「国内市場の環境が悪く輸出モデルも簡単に増やせない」と厳しい見通しを示した。エコカー戦略についてはプラグインハイブリッド車(PHV)の開発を強化し、18年に米国で発売する計画も明らかにした。
ホンダの国内生産は1年前の消費増税の駆け込み需要の反動や販売不振で、競合他社よりも落ち込みが目立っている。国内からの輸出を減らしたことも国内生産の足を引っ張っており、対策として今夏から輸出モデルの生産を始めた。
八郷社長は「輸出モデルの生産増が年度を通して効いたとしても、80万台超を確保できたらいい」との見通しを示した。17年度以降についても、軽自動車の全面改良で生産増の効果が期待されるが、「軽自動車の競争は激しく簡単に生産は伸びない。当面は80万台強を維持したい」と述べた。
ホンダは世界で年560万台の生産能力を持ち、今期の世界販売計画が470万台。生産能力の過剰は国内だけでなくグローバル規模の課題。「生産と販売の乖離を埋めるには4―5年はかかる」とも述べ、グローバルの生産能力を地域間で補完する方針を改めて示した。
一方、エコカー戦略について「燃料電池車が普及するまでの期間は、電動化を軸にする」と、これまで強化してきたハイブリッド車に加え、プラグインハイブリッド車の開発を推進する方針だ。
nikkan.co.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-19 14:01 | ホンダ | Comments(3)

Commented by 初代ek元ユーザー at 2015-10-19 21:18 x
シビックは復活させて欲しいけど、今の車種が多すぎる状態だと無理かな…
Commented by 寝男 at 2015-10-20 11:56 x
最近のホンダって三菱みたいな状態と感じている・・・
Commented by 歴代純血三菱車ユーザー at 2015-10-20 12:25 x
いやいや、まだホンダは死んだり行きかえったりするだけましだよ。
シビックだって断続的に復活するし、ラインナップもそれなりに展開していて、OEM車は無いし…。

本田車はホンダさんたちが買い支えてくれるから売れているように見えるから良いよね。
3年に1度は乗り換えられるわけで、すぐに中古車に回るしそれで新車も本田関係者だけで買い支える…。

三菱もグループ全体で買い支えるところから始めたらどうだろう(笑)