ホンダ、EV航続距離110kmのPHVシステム開発

ホンダは24日に栃木県芳賀町で開いた技術説明会で、
電気自動車(EV)モードの航続距離を従来比3倍の110キロメートルまで伸ばした
プラグインハイブリッドシステムを開発したと発表した。

000000000

18年にも米国で発売するプラグインハイブリッド車(PHV)に搭載する。
世界最多の段数となる10速の自動変速機(AT)を開発したとも発表。渋滞時に対応した自動運転技術も実演した。いずれも商品化の時期は明らかにしていないが、環境・安全先進技術の開発進捗をアピールした。
新開発のプラグインハイブリッドシステムは、バッテリーのエネルギー密度を向上し搭載するバッテリーの量も増やして、高速道路でもEV走行が続くように設計。現行「アコード」のPHVのEV走行距離は37キロメートルでその3倍まで伸ばすという。競合の現行PHVのEV走行距離は50キロメートル前後が多い。長いEV走行距離を売りにして訴求する戦略だ。
新開発した10速ATはこれまで別々だった部品を一体化するなどして、6速ATとほぼ同じ全長に収めた。「FF(前輪駆動)向けに開発するために搭載性が課題で小型化した」(担当者)。10速から6速、7速から3速など3段飛びの変速を実現し、変速の応答時間を3割以上短縮するなど、走りや燃費を両立したという。ホンダは米国の高級ブランド「アキュラ」で独ゼット・エフ(ZF)から9速ATを調達している。10速ATは自社開発で生産もホンダで行うとしているが、具体的な搭載車種や商品化の時期は明らかにしていない。
nikkan.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-28 10:20 | ホンダ | Comments(2)

Commented by GIN at 2015-10-28 14:58 x
前輪駆動用の10速ATの必要性って、皆無じゃない?
大型車用みたいだけど、アコードハイブリットのゴタゴタ見ていると、
ホンダは高級車を売らない方がいいな。
販売店に高級車を扱うノウハウが無いなら未だしも、
ホンダ本社が、あの対応なら、いつまで経っても無理。
Commented by cvcc at 2015-10-29 10:51 x
>GINさん

私はホンダファンですが、その通りだと思います。
400万以上の高価格車(人にとっては安いというかもしれませんがね)を売った相手に対する対応ではないですね。
「価格で対応を分けるな」との意見もあるでしょうが、「高い車買っても普通の価格の車買っても」こんなダメ対応では話になりません。
顧客をどんどん逃がすことでしょう。
これでは「次は他で買う!」となって当然です。
こういうのが積み重なって、ホンダは高価格帯の車を出せども出せども顧客が定着しないのでしょう。
レクサスISとアコードHV、クラウンはほぼ同じ価格帯です。
HV性能等、アコードHVが優れいる点は多々あります。が、同じ価格を出すなら、ISやクラウンを買う方の方が多いでしょう。
それは高級感やステータス性の差に加えて、こういった顧客対応の積み重ねでしょうね。
同じく、GSのHVもレジェンドHVも、似たような価格帯で、HV性能では勝りますが、高級感やステータス性やディーラーを鑑みると、多くはGSを買うでしょう。
なのに敢えてアコードHVやレジェンドを買ったお客を大切にするべきです。