日産 航続距離500km超えのリーフ

000000000

東京モーターショーに出品された多数の日産リーフ。
近々30kWhのバッテリーを搭載し、EV航続距離280kmのモデルが出ますが、
出品された中で、倍の60kWhのバッテリーを搭載したモデルがありました!
単純な計算で、EV航続距離は560kmになるということです。
ちなみに価格も倍ということに・・・?!

三菱自のMitsubishi eX concept は400km走るそうですが、
こちらのバッテリー容量はいかほど?

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-29 13:32 | 日産 | Comments(5)

Commented by フォルティス at 2015-10-29 15:56 x
フン!糞日産が……  しかし三菱は大丈夫なのか ホンダPHEVでEV100キロ? トヨタがPHV  リーフが500キロ      三菱の戦略はいわば軽も今まで築き上げたギャラン ランサー エボなどの過去の栄光を捨て EV に特化し5年後10年後に勝つつもりだろうけど……  アウトランダー i以来出てこないし 延期延期 コンセプトEV で400キロだけど 
Commented by GIN at 2015-10-29 18:38 x
電気自動車で、いつも思う事なんだけど。

走行距離が短い。
   ↓
じゃあ、電池を二倍積みましょう。
   ↓
そしたら走行距離二倍だね。
   ↓
ただ、充電時間も二倍係ります。
それだと、意味ないんだよね。

今でも、200Vの商用電源で、8時間係るのに、
満充電に、16時間係ったら、半日、繋ぎっぱなし。

電池自動車は、電池のサイズダウンと容量アップも課題ですが、
モーターの省エネと、充電の素早い出し入れも課題ですね。

やはり、まだPHEVの方が、近い未来に居ます。
Commented by 初代ek元ユーザー at 2015-10-29 19:47 x
>フォルティスさん

そうなんですよね。電気に関して他社が上回るスペックの物を着々と作り上げてますからね。

こういう先端技術的な部分は、世界初とか最高性能とか唯一無二とか、そういったアドバンテージがないとヒットにつながらないんですよね。

特に三菱は現在一般ユーザーに対してブランドイメージが低いし、昔からのユーザーに対しても、ユーザーが馴染んできた車種を全て捨ててしまいましたからね。

生き残るにはとにかく他社を圧倒氏追随を許さない何かを持った最先端を走りつづけるか、マツダのように、デザインに統一感と高級感を持たせるプレミアム化しかないですよね。

今の三菱にはどちらも狙って結果中途半端になってる気がします。

とりあえず何でも良いから車出して。
Commented by フォルティス at 2015-10-29 21:24 x
eK 殿 ……ですな   わし はかなくもeK とミラージュのマイナーチェンジ見るの楽しみです。
Commented by さまやん at 2015-10-30 12:26 x
最近、i-MiEVのマイチェンの話が無いな…せっかくモーターショーに出展してるのに(航続距離の向上とか自動ブレーキとかまだか)