三菱自 スズキ会長が新型EVに興味。VWブースはスルー

まるで水戸黄門の諸国漫遊――。
29日午前、「東京モーターショー2015」(30日から一般公開)の報道向け内覧会が開かれている東京ビッグサイトに、スズキの鈴木修会長(85)の姿があった。白髪に長い眉毛、のっさり歩きながら、声をかけられると手を上げて笑顔で返す。ライバル各社のブースを2時間近くかけて回り、エコカーに触れたり、最新デザインに感心したり。電気自動車(EV)や衝突を防ぐ技術については、他社の担当者に構わず質問をする姿も見られた。名物経営者を一目見ようとライバル社の担当者や記者らが囲んだため、移動するたびに大きな人だかりがあちこちにできる光景がしばらく続いた。

000000000

三菱自動車のブースでは、家庭のコンセントから充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)の充電方法について三菱自の担当者に質問。EVの試作車の前では内装の仕上がりなどについても説明を受けた。衝突予防の技術に定評のある富士重工業では、自動運転の取り組みについて尋ねた。担当者から「ドライバーを助ける技術を重視しています」といった説明を受け、鈴木会長は「やっぱり主役は人間なんだよね」などとうなずきながら返していた。
軽自動車で競い合うダイハツ工業のブースも訪れ、低燃費を強調する展示車などを見た。ほかのメーカーのブースより、明らかに車それぞれを見る目が違う。スズキが大ヒットさせている「ハスラー」の対抗車とされる新型車「キャスト」の前に来ると、車両の周りをぐるりと歩き、点検するようにしっかりと真剣に見学した。一方、トヨタ自動車のブースでは、スタッフに笑顔で「小さいメーカーをあんまりいじめちゃ駄目だよ」などと話しかけていた。
鈴木会長は、こうしてちょくちょくショー会場に現れては他社ブースを見て歩くのが、名物化している。この日午前に回ったのは、ヤマハ発動機やダイハツ、トヨタなどがブースを構える東京ビッグサイトの東展示棟。この秋に長年の願望がかなって資本提携を解消した独フォルクスワーゲンなどがブースを構える西展示棟は回らなかった。(山本知弘)
朝日新聞デジタル
[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-29 18:36 | 三菱自動車 | Comments(0)