日産 航続距離570KmのEVを商品化。充電時間も短縮

日産自動車は電気自動車向け(EV)のリチウムイオン電池について、
エネルギー密度を従来比2・5倍とした電池を2020年にも商品化する。

000000000

現行のEV「リーフ」で単純計算すると、
電池のサイズがそのままで航続距離は228キロメートルから
570キロメートルまで伸びることになる。
主要構成部材の一つである正極をこれまでのマンガンとニッケルからなる材料から、マンガンとニッケルとコバルトからなる「3元系材料」に変えるなどして、現行リーフの電池パックとほぼ同じ大きさでありながらエネルギーを多く蓄えられるようにした。充電時間のスピードも1・4倍と早くなる。正極材の変更に合わせて電解液の劣化抑制を最適化し、耐久性も改善したという。EVの課題になっている航続距離の短さや充電時間の長さを解決し、普及につなげる。
nikkan.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-02 08:42 | 日産 | Comments(15)

Commented by のぺのげ at 2015-11-02 12:03 x
ムムッ。値段次第だけど、「そろそろ買いかな?」と思わせる雰囲気が、出てきたんじゃないすかね? 性能さらにまだまだ伸びそうだけど。。。
Commented by フォルティス at 2015-11-02 14:08 x
むむっ なんだかデザインも期待できそう…… 三菱負けるなよ! PHEV EV 注力するなら負けれんで 軽もとられてEV でも負けたら……3つの菱が泣くぞ
Commented by フォルティス at 2015-11-02 15:35 x
主! 情報 産経新聞2日付  日産自動運転 一般道17キロの記事あるよ 過去のトヨタの高速自動運転と比較されてる。 かなり煮詰まってきてる?いったいこの先どうなるのか……
Commented by ganbaremmc at 2015-11-02 16:03
> フォルティスさん
この機能、本当に需要があるのですかね?
かつて電機大手らが3Dテレビはヒットするとみて
工場建てまくって失敗した例によく似てる・・・
今じゃ電器店に3Dテレビは消えましたね
Commented by mtip at 2015-11-02 17:33 x
少し前に『トップギア』で、自動運転についてこんな話してました。
「運転中に、どうしても事故を避けられない状況に陥ることがある。運悪く街中でそんな状況になり、歩道に3人の歩行者がいて、こちらはドライバーとして自分1人。その歩行者に突っ込むか、歩行者を回避して自爆しないとどちらかが必ず死ぬという場合、自動運転のプログラムは瞬時に計算して被害人数が少ないドライバーを犠牲にする方を選ぶ。そういう風にプログラムされるらしい。運転席に座ったまま、なにもできないのは苦しいだろうな」
みたいな話でした。極端な状況ですけどね。
自動運転は、とりあえず高速道路と渋滞時ですかね。

それはそうと、三菱のeXもツインモーターにしなければ、この日産ぐらいの距離は走れるんですかね?
とはいえ仮に450km走っても、充電時間を考えると、やっぱりPHEVのほうがいい気がします。
つうか、凝ったシステムでなくていいから、早く一台新車を出してほしいです。
Commented by フォルティス at 2015-11-02 18:04 x
自動運転は必ず普及すると思うよ ただ問題も多々あるけど 要はどの程度で市場に出すか? あと……道路がまったく成長しないからね  道路側にも情報源があれば死角もよりなくなるし 現状は路面凹凸 線は消えてる 標識は伸びた木の枝に隠れたり 住宅街は特に死角だらけだしね 

まずは高速のみでETC 作動中だけとか  しかもいざ自動運転解除の時 運転手寝てたら?起こさないとあかんし   オール自動だと いざ解除されたらペーパードライバーが運転もやばいからな     まぁ実際は車椅子高齢者障害者とかね 幅広く流用されてそちらが重要やないかな
Commented by リーフ乗り at 2015-11-03 00:47 x
一充電で570km走れれば、EVの課題は解決したといっていいんじゃなかな。今のEVの課題は、長距離走行時の頻繁な充電による移動時間増だけだと思っている。
これだと高速道路を100km/hで少なくても5時間は走れることになる。実際自分は120km/h連続3時間半が限界だった。睡魔が襲ってきてどうにもならなかった。
と言え、普通に走るとして、2時間から2時半走って30分休憩するパターンが成立する。80km/h~90km/hで2時間走ると18kwh~23kwh消費する。30分の充電で26.88kwhの充電が可能である。(新バッテリーの充電速度1.4倍を考慮)
これで、インフラの整備も加速すると思う。

それから、自動運転は、必ず普及すると思うから心配していない。よく事故のとき、誰が責任を負うのかという事が言われるが事故をほぼゼロに出来る(加害事故)と言っているんだから、起きた場合は自動車会社と国が負えばいいんじゃないの?
自動車会社と国にそれぐらいの覚悟がないと、自動運転者車は販売できない。
少なくても、運転していない運転者の責任は無いでしょ。
Commented by ganbaremmc at 2015-11-03 01:05
> リーフ乗りさん
自動運転は普及するですか・・・
僕はいまだ懐疑的ですけどね。これがあれば事故を起こさなくなるというのも信じられない。メーカーもそこは率は下がるけど絶対ではないと。まぁ、この技術が違うもので応用できればいいですが、この装置をつけたことで価格や重量が跳ね上がったり、国も補助金やら事故補償までみるために税金をあげるようなことだけはやめてほしい。
すみませんね。違う意見で。
EVですが、実航続距離が300でもう少し、急速充電ができるようになればマンション住みのひとにも購入意識が高まると思います。アウランPHEVを一日乗りましたが、これ60キロしかEV走行できないのに、急速充電する時間はリーフと同じなんですよね。無くなればガソリンで走ればいいけど、やっぱ電気だけで走りたいという欲が生まれる。だからチョクチョク充電場所に行くはめになる。馬鹿らしいですよねたった60キロ走るために、30分も時間何度も充電のために潰すのですから。PHEV一日レンタルした人の多くは、アウトランダーEVを出して欲しいという声らしいです。EVの場合、価格はどうなるのかなぁ?
Commented by ganbaremmc at 2015-11-03 01:07
> フォルティスさん
え~ やだぁそんな未来 

(-ε-) ブーブー
Commented by フォルティス at 2015-11-03 10:33 x
主! 時の常識……未来の非常識 夢……未来の当たり前 歴史を振り返れば多々ある事よ(^^)

因みにわし 昔 東濃遷都とか東北遷都とか 一時期東京一極集中の話しで  申し訳ないが東北の地震つか原発で帰れなくなったの見て福島原発中心に新首都建設したらと思ったんだよな…… 

原発廃止 福島早期復興 被災者の金銭的救済(故郷失う人には申し訳ないが) 戦後GHQ に潰された東京復興計画よりも立派で現在の街造りの問題点をなくし 近未来模範都市を造る 

第二回東京五輪→首都遷都→新首都五輪 日本を甦らせる!なーんて夢見てましたf(^^; 最近まったく遷都 聞かなくなったな まぁ人口も減るし 期を逸したか……
Commented by すーぷスプ at 2015-11-03 11:10 x
電気自動車の自動運転、急に電源喪失とかしたらどうなるのか誰も言ってくれない。
福島のように想定外ですって言うのか?
ていうかなぜそんなに「全自動」にしたいのか分からない。
Commented by さまやん at 2015-11-03 19:37 x
いくら自動運転にしても事故が無くならないから、究極は空飛ぶエアカーですかね。
Commented by フォルティス at 2015-11-03 21:25 x
タイヤはいつなくなるのかな? マフラーがやばいね(;゜0゜)
Commented by すーぷスプ at 2015-11-04 11:52 x
>さまやんさん

でも一回一回整備してる飛行機だって落ちることあるんですよ・・・。空中に車あふれたら大変なことになりそう(怖)
Commented by リーフ乗り at 2015-11-05 00:39 x
ganbaremmcさん
ご意見ありがとうごさいます。
違う意見があって当然ですから、謝る必要はありません。
普及すると思う気持ちをもう少し書かせていただきます。
まず、自動運転車を欲しいと思う人が非常に多いという事です。妻に聞いても絶対欲しいって言ってるし、当然安ければでしょうが。。まわりに聞いても欲しいという人が圧倒的に多いです。自分も欲しいですよ。少々高くてもと思っています。
歳をとって、運転できなくなって家に閉じこもるより多少のお金があれば、自由に何処へでも行けるって夢があっていいじゃないですか。
ましてや地方では、車がないと生活自体が成り立たないといいます。子供たちは、都会に行ってしまってお年寄り夫婦二人だけの生活では、車が運転できなくなったら終わりです。今の日本に地方にバス路線の充実なんて余力はありませんん。
等々、欲しいと思う人がは、想像以上に多いと思います。
欲しいと思う人が多ければ多いほど、車が出れば売れるということです。普及するということです。
当然、課題は山ほどあると思いますが人は必ず解決します。
だから、自分は心配していません。