スズキの「アルト」が今年のRJCカーオブザイヤーに

000000000

特定非営利法人 自動車研究者ジャーナリスト会議(以下RJC)が11月10日、栃木県にあるツインリンクもてぎにて、RJC選考委員による投票によって選ばれる、第25回2016年次RJCカーオブザイヤーの最終選考を行ない、投票の結果、今年のRJCカーオブザイヤーはスズキの「アルト」が選出された。・・・・・
http://autoc-one.jp/news/2450543/

自動車評論家らでつくる日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)は10日、ことしの「RJCカーオブザイヤー」にスズキの軽自動車「アルト」シリーズを選んだと発表した。スズキの受賞は2年連続で、6回目となる。
車体軽量化で実現した燃費性能の高さや優れた運転性能が評価された。「アルト」は、燃費がガソリン車として最高の燃料1リットル当たり37キロを達成した。シリーズにはスポーツモデル「ターボRS」や丸みを帯びたデザインの「アルト ラパン」もあって、選択肢の豊富さも評価された。

 「アルト」シリーズに次ぐ評価を受けたのはマツダのスポーツカー「ロードスター」だった。
mainichi.jp/select/news


[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-10 21:31 | スズキ | Comments(5)

Commented by 初代ek元ユーザー at 2015-11-10 21:38 x
一週間乗った感想は軽量化の努力は凄いと思うけど、それに伴う弊害(騒音、突き上げ、パーツのびびり、シャーシの頼りなさ)の方が大きいし、そのわりには燃費もカタログ燃費の60%程度…全体的にペラペラでドアの薄さには恐怖さえ覚える。個人的にはこんな怖い車は二度と運転したくないって思いました。
Commented by virtualXXX at 2015-11-10 23:16 x
敬愛するスズキのアルトがRJCで頂点に立ったのは実に光栄で歓喜を禁じ得ないです

ただし先に述べられてるような話はまさに純粋な意見で同意・注視すべき点とおもいます
 
アルトターボRSを祖母が購入したため乗り回した時はの述べられている弊害はほとんどが気にならず(騒音をのぞく やはり軽量軽では音の質感については変えようがないか)よかったといえ NA版を基準に考えれば 燃費については乗り手次第・車のタイヤ・オイル等も関わってくるとおもうものの 各種弊害のほとんどを実際確かに顕著に感じられており(自分も3日間だけでしたが懇意のディーラーにお借りしたことがあります)これは安価コスト削減故の事なのかとはいえ質を落としていいことにはならず胸を張れるものではない

敵たるダイハツのミライースは脅威であり現時点でもその差はデザイン以外は紙一重と感じます それが次期型が出現することで質的面で一時的にでも相手にされなくなるほど差がつきかねない 受賞に歓喜しつつもコメントを拝見して軽業界も修羅の世界のため安心できない・さらなる進化を止めてはならぬとおもいました
Commented by 初代ek元ユーザー at 2015-11-10 23:38 x
>VirtualXXXさん

辛口で申し訳ないです。RSでは溶接を増やしたりして剛性感を高めていると聞いたのですが、NAとは大きく違うんですね。

今回のアルトは和田智氏のデザインが賛否両論ありますが、個人的には我が家のガレージの暗闇の中で見るアルトは、スポーツワゴンみたいでイケてると思いました。それだけに走りと内装の質感を何とかして欲しい気がします。

ただ質感を高める為に剛性を補強して上げて、静粛性を高める為に制音材をふんだんに使い、内装もソフトパッドを多様し…云々していると軽自動車としては重くなり過ぎて660ccでは辛くなりますよね。(実際我が家の嫁車のN-oneのターボ車、車の質感は高いけど走りが重たい)

軽自動車の規格自体を見直す時期にきてる気がします。せめて1000ccまでのエンジンと、あと一回りのサイズアップはして欲しい。

それにしてもあえてスポーツ仕様のRSを選ぶお祖母様って、若いし格好いいと思ってしまいました。
Commented by ともたん at 2015-11-11 04:37 x
スズキ車最高!!
軽四は今のままでいい。コンパクトカーのレベルを上げていけばいい。
Commented by ワールド at 2015-11-15 02:40 x
個人的に初代カルタスGTIの濃いグリーンでも出してくれないかなあ~?スイフトじゃなくてカルタスで・・(笑)。

余談ながら今のアウトランダーになぜグリーンがないか不思議です。インテリアにもタン色を追加すればそれなりにプレミアム感が出ると思います。先代はグリーンがありましたが、現行車にこそ、グリーンが合うと思います。