スズキ 新型ワゴンR発進?6代目の実像に迫る

スズキは創立100年を迎える2020年までに、
2015年からの5年に渡り、20車種を投入していく計画だ。 

000000000

その内訳は、Aセグメントが6車種、BおよびCセグメントとSUVが9モデル。 
そして軽自動車が5モデルだ。 
口火を切ったのは、2015年6月に登場したラパンだが、次は何か。 
スクープ班は6代目ワゴンRが濃厚ではないかとにらんでいる。・・・・・・
続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-11 20:17 | スズキ | Comments(1)

Commented by ワールド at 2015-11-15 02:27 x
スズキはいま、デザインでダイハツを凌駕してると思います。ダイハツはどこか自分を見失ってると思います。

スズキすべてのデザインがいいとは思ってません。アルトのデザインソースをそのまんま乗用車に持ってくるなんてもってのほか。スズキは油断せずに頑張ってほしいものです。

アルトのデザインは素晴らしいと思いますが、もし乗用車まで取り入れるのであればもっと作り込み、造形をしっかりさせてほしい。

ちなみにアルトのような新鮮なスタイルができた次のモデルは大抵おとなしくなっちゃうこと必定です。ワゴンRを見りゃわかる。