トヨタ C―HRを世界戦略車に

トヨタ自動車は開発中の小型SUV(多目的スポーツ車)
「C―HR」を新たな主力車種として世界で販売する。

2018年までに国内外の5拠点で年間30万台程度供給できる体制を整える。
排気量1500~2000cc程度の小型SUVは人気が高まっているが、対応車種の品ぞろえが少なかった。小型車「カローラ」などに続く世界戦略車として、欧米の若年層や新興国の中間層などに売り込み、年間1000万台規模の販売体制を維持・拡大する。

000000000

トヨタはカローラに加え、中型セダン「カムリ」やSUV「RAV4」を世界各地で生産・販売している。カローラは各地でまんべんなく売れているが、カムリやRAV4の販売は米国が中心だ。品ぞろえが手薄だった小型SUVにもくさびを打ち込み、シェアが低い欧州と中国などの主力市場で販売を伸ばす。 まず、16年秋にトルコとトヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)で生産を始め、18年にタイや中国の天津工場、広州工場にも広げる。月産はトルコと中国(2工場合計)がそれぞれ約1万台、日本が5000台、タイが2000台程度となる。 
トヨタ全体では生産能力を増やさず、拠点間の車種の入れ替えなどで対応する。金型の準備などに数百億円を投じる見通しだ。 トヨタは生産改革の一環として、複数の車種の部品共有化などからなる新開発・生産手法「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」を導入している。C―HRはこの手法に基づく新型車の第1弾となる見通しで、12月に全面改良して発売するハイブリッド車(HV)「プリウス」と車台(プラットホーム)などの主要部品を共有する。 小型SUVの人気が高い欧州へはトルコ工場から供給し、日本では「RAV4」の事実上の後継とする。米国は原油安により大型SUVが好調だが、小型も一定の需要があると判断。若者向けブランド「サイオン」から発売する。 過給器(ターボチャージャー)付きガソリン車に加え、HVもそろえる予定だ。トヨタは20年までにHVの年間販売台数を150万台(14年は126万台)まで増やす計画で、小型SUVや国内の主力小型車「ヴィッツ」などにもHVを設定することで、目標達成につなげる。 
米調査会社によると、世界のSUV市場は20年にセダンを上回り、自動車の総需要の約4分の1を占めるまでに成長する見込み。中でも価格が手ごろで市街地走行に適した小型SUVは欧州などで人気が高い。

SUV 米でシェア4割、新興国でも伸び
SUVとは「スポーツ・ユーティリティー・ビークル」の略で、舗装路から悪路まで様々な路面で走行できる多目的スポーツ車を指す。レジャーなどに使うレクリエーショナル・ビークル(RV)の一種。従来は悪路の走破性を重視し、ピックアップトラックや四輪駆動車をベースに開発した車が主流だった。最近ではデザイン性の高さから若年層の人気が高く、乗り心地を重視した「クロスオーバー」と呼ばれる乗用車ベースの車が増えている。

米国が主力市場で、直近では市場全体の4割弱を占める。最近は中国やタイなど新興国においてもSUVのシェアが急拡大。浜銀総合研究所によると、中国では2011年(9%)から15年秋には24%に、タイでは同7%から同13%に伸びた。深尾三四郎主任研究員は「欧米の生活の価値観が浸透し、家族と遊ぶ用途で購入が増えている」と分析する。

最近は価格が手ごろな中小型の人気が高く、世界の自動車メーカーが相次ぎ新車種を投入している。日産自動車の「キャシュカイ」やホンダの「HR―V(日本名ヴェゼル)」などが代表的な車種だ。独フォルクスワーゲン(VW)など欧州メーカーも車種を拡充しており、販売現場では値引き競争も加速しているという。
日本経済新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-24 14:43 | トヨタ | Comments(2)

Commented by ななし at 2015-11-24 22:18 x
むかし、オデッセイが出たときはみんなこれからはラージサイズミニバンや!、ストリームとウィッシュが出たときはコンパクトミニバンや!といってたけど、今それらが生き残っているかというと、ほとんど青色吐息なわけで。
SUVもそうなってる可能性が高い気がしますがねぇ。
10年後には。
別に見た目ほどの走破性もない、室内も別に広くない、荷室もハッチバックに毛が生えた程度、利点でもあり欠点なのは背がたかくて見晴らしがいいところくらいしかないし、なんでそんなにもてはやされるのかが理解しがたいですね。
Commented by 寝男 at 2015-11-25 13:36 x
こんなのよりRAV4が良い。