VW車に新たなソフト不具合、燃費に影響と独紙

排ガス不正問題で揺れる独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が、
自動車の燃費に影響を与える
ソフトウエアの不具合を新たに発見したことが分かった。

000000000


独紙ウェルト(Die Welt)が26日、報じた。ウェルト紙は「フォルクスワーゲンに新たなソフトウエアの問題が見つかった。その一つは燃費に直接影響するものだ」と伝えている。  不具合がみつかったソフトは、ライトの点灯や走行時の冷暖房に不可欠なバッテリーの充電に使うことができるエネルギーの回生を制御するためのもの。車両のエネルギー回生システムに問題が生じると、より多くの燃料を消費することになる。  ウェルト紙によれば、フォルクスワーゲンの広報担当者は不具合を認める一方で、この影響を受ける車両は限定され、同型車種シリーズの全車両に影響するものではないと語った。
http://www.afpbb.com/articles/-/3068221

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-27 14:24 | 海外メーカー | Comments(0)