三菱自タイ法人副社長 「タイ人は欧州デザインがお好き」

数年の間に、最多年間販売の達成と半減を経験し揺れるタイ自動車市場。 
ピックアップトラックの根強い人気と、エコカー施策などにより徐々に回復基調にあるというが、実際はどうなのか。 ピックアップトラック『トライトン』を武器に、タイを主戦場のひとつと据える三菱自動車。 タイ法人であるミツビシ・モーターズ・タイランドで販売を取りまとめる中原耕治副社長に話を聞いた。

000000000

タイで売れている三菱車のトップはピックアップトラックのトライトンで月販2000台弱、続いて新型を発表したばかりの『パジェロスポーツ』が1000台程度、コンパクトセダンの『アトラージュ』が750台程度、『ミラージュ』が400台程度となっているとのこと。 このうちパジェロスポーツは8月に発表、デリバリーは10月からなので今後台数が増えていくことは間違いない。 事実、パジェロスポーツは現在、生産が間に合っていないような状況だという。 とはいえ、パジェロスポーツの現車が無い状態での販売には苦労したという。 現行型パジェロスポーツには衝突回避ブレーキや誤発進防止装置が装備されたが、それを説明するためのビデオなどを制作し、アピールをしていった結果、多くの予約を獲得することができたという。 こうした衝突回避ブレーキは日本車としては初採用で、あこがれの装備が装着されたピックアップがついに登場した、という印象を与えることができたのだろう。

この結果からもわかるとおり、タイではSUV系の人気が非常に高い。
ただ、日本人の思うSUVのイメージとはちょっと異なる部分もある。 タイではピックアップトラックの人気が相変わらず高く、フレーム付きのクルマに大きな信頼を寄せている。 タイの人々はタフさを持つモデルということで、ピックアップトラックをベースとしたSUVをとくにPPV(ピックアップ・パッセンジャー・ビークル)と呼ぶ。 日本でクロカン4WDと呼ばれるようなタフなモデルがPPVというわけだ。 2013年から2015年までの3年間の全体の販売傾向を見ても、SUVシェアは3%から5%、7%と右肩上がり。 PPVも5%、5%、10%と好調だ。 とくにPPVは各メーカーで新型車の投入が続いていることもあり、こうした傾向に拍車をかけている。 パジェロスポーツは8速のATを採用したことで、これが「ヨーロッパ的」だとして好評を得ているという。 タイの人々にとって、ヨーロッパ車はあこがれの的で、ヨーロッパ的な装備やデザインは非常に受けが良いのだという。
とはいえ、都市部では徐々にエコカー(タイでいうエコカーとはコンパクトカーのなかで20km/リットル以上の燃費など一定の要件を満たしたもの)などに需要がシフトしつつある傾向も見られるという。 ピックアップトラックのシングル&クラブキャブの市場シェアは2000年には43%であったが、2015年には31%強にまで下がったという。こうした背景もあり、三菱は今回「タイ国際モーターエキスポ」でミラージュのマイナーチェンジモデルを発表。 魅力を向上させ、タイ市場、とくに都市部での需要に応えていくというわけだ。
レスポンス

こちらの記事にも注目
「 「今、あえて訪問販売を」三菱が捉えるタイ市場の姿 」

http://response.jp/article/2015/12/02/265333.html

[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-02 12:48 | 三菱自動車 | Comments(2)

Commented at 2015-12-02 16:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cvcc at 2015-12-03 12:14 x
レスポンスに載っている写真を見ると、メタリックオレンジが結構いい感じだと思います。
また、安いグレードは、ヘッドライトがMC前のヘッドライトと同じだったので、新型のヘッドライトは、MC前モデルにも交換部品として、そのまま交換できそうな感じですね!
勝手にダイナミックシールドで想像やコラで見ていたイメージとの違いで戸惑いましたが、見慣れるとなかなかイイと思います。
ただ、内装の色が、なんとも・・・