日産 新型「リーフ」が予約受注3000台を超え好調

11月10日に発表し、12月24日から発売される新型「日産リーフ」が、
12月1日時点で予約受注台数がすでに3000台を超えたという。

000000000

2012年に最初のマイナーチェンジを受けた以降の月平均販売台数は約1000台で推移していたことからも、新型「リーフ」から追加設定された30kWhバッテリー搭載モデルで「280km(JC08モード)」へ航続距離を大幅に向上したことと「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」と「LDW(車線逸脱警報)」を全車標準装備した点が購入ユーザーから支持されているとのこと。 また、今回のマイナーチェンジではナビ機能も利便性を向上。充電スポットの表示機能を走行中でも20km移動する毎に自動で情報を更新し、常に自車周囲の充電スポットを把握できるように変更された。 さらにボディカラーに、オレンジ&黒、青&黒の2トーンカラーも追加されている。
なお、気になる価格は、24kWhバッテリー搭載モデルは補助金が最大27万円となり、およそ246万円から。30kWhバッテリー搭載モデルは補助金が最大51万円となり、およそ261万円から。

全国の日産販売店をはじめ、高速道路のサービスエリア(SA)や道の駅といった道路サービス施設、コンビニエンスストア、ショッピングモールなどの商業施設への設置が進み、2015年8月時点で急速充電器は約6000基、普通充電器は約9000基の設置が完了。充電器の利用頻度が高い施設では、1ヶ所に複数台の急速充電器が設置されるなど、EVの利便性が向上してきている。
http://autoc-one.jp/news/2482471/photo/

[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-02 18:37 | 日産 | Comments(0)