三菱自 米国2015年11月販売。新顔ランサーは失敗か


アクアランサーさんが、三菱自の11月米国販売状況を調べてくれました。
minkara.carview.co.jp

000000000

全体で6,772台 。前年同月比 3.6%増。
11月はどのメーカーも微増でこんなものでしょうか。
ただ、車種別の台数をみると、心配なことが・・・・

000000

9月30日に新顔となったランサーが、先月に続き大幅減となりました。
これは今回のフェイスチェンジが支持されていないということ。 変更が小手先すぎたのか? アウトランダーほどの本気さが伝わらなかったのかもしれません。 これではRVR、ミラージュも心配になってきます。 ただ収益面では、アウトランダーの販売増で、かなり改善していると思います。 この国にもパジェロスポーツが必要だと思いますよ。

[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-03 21:06 | 三菱自動車 | Comments(4)

Commented by mtip at 2015-12-03 16:28 x
確かに、小手先感強いからなあ。。。
アトラージュのアメリカ投入は来春とか見ましたけど、なんでそんなに時間かかってるんですかね?
Commented by 初代ek元ユーザー at 2015-12-03 19:09 x
正直、元々のデザインが秀逸だったから今回のMCは微妙に悪くなってますもん。
Commented by フォルティス at 2015-12-03 19:31 x
eK 殿 さすが!お目が高い 元々のデザインがな いいからな うむうむ
Commented by cvcc at 2015-12-04 10:10 x
元々のデザインが良かったと思うのは私も同感です。
かつてのランサーのイメージよりも初代VR4があった時代から続くギャラン(やエテルナSAVA)のイメージを継承しつつ、スポーティーでした。
どうせならMCでボディーの下半分を樹脂にして、2トーンカラーにしてもよかったと思うくらい、日本のイメージでの「ギャラン」後継車になっていたと思います。
ですが、モデルライフが長い中、今回のMCは中途半端で、デザインの特徴を単にそぎ落としただけになっていると感じます。
あれをやる位なら、すでにあるリソースを使って、台湾のランサーiOのデザインにした方が、がらっとイメージも変わりますし、開発費も削減でき、インパネの質感向上に予算を回せたのではないでしょうか?