「高額スポーツカー」即売。限定発売にファン殺到

国内で自動車メーカーが本格的スポーツカーを限定販売し、
即座に完売となるケースが相次いでいる。

0000000

ホンダが6年ぶりに復活させた新型「シビック タイプR」は国内で750台限定で、2015年10月29日からホームページで受注を開始したところ、申し込みが殺到し、抽選に。 富士重工業(スバル)がWRX STIをベースとしたコンプリートカー「S207」も、400台限定で10月28日から受注を始めたところ、即日完売になった。
「シビック タイプR」は428万円、「S207」は599万円~637万円と高価だが、自動車離れの時代と言われるなかでも、 本格的なスポーツカーをメーカーが開発すればコアなファンが先を争って買い求めるケースが生まれているようだ。 「シビック タイプR」と「S207」は、いずれも2015年秋の東京モーターショーに出品され、大きな反響を呼んでいた。
両モデル合わせ、ひと月足らずで1150台のスポーツカーを完売したことになる。
国内市場は長いこと「スポーツカー冬の時代」と言われたが、 近年はトヨタ「86」とスバル「BRZ」が起爆剤となり、ホンダ「S660」、マツダの新型「ロードスター」などニューモデルが登場している。その中で、より付加価値の高い本格スポーツカーを開発すれば、大々的な宣伝がなくとも完売するというビジネスモデルができつつあるようだ。
注文が殺到した「シビック タイプR」は「動力性能を徹底的に磨き上げ、操る喜びを追求したピュアスポーツモデル」(ホンダ)として、15年12月7日から納車が始まった。ドイツのニュルブルクリンク北コースの走行テストで「FF量産車で最速となる7分50秒63のラップタイムを記録した」という。これまでFFで最速だったルノーの「メガーヌ ルノー・スポール トロフィー」を上回る。この走りを支える「2.0リッターVTECターボエンジン」は、ホンダのVTECに直噴技術とターボチャージャーを組み合わせたもので、最高出力310馬力、 最大トルク400N・mという「歴代タイプRモデル最高」の性能だという。FFで310馬力ものハイパワーを受け止めるため、6速マニュアルトランスミッション、19インチハイパフォーマンスタイヤなどの専用設計を行い、サーキットから一般公道までの走りを可能にした、としている。 一方、富士重工業のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、WRX STIをベースとした「S207」の生産・出荷を15年12月1日から開始した。エンジンは専用チューニングで最高出力328馬力、431N・mとなったほか、フロントに国内メーカー初採用となる可変減衰力サスペンションなどを採用して、 「強靭でしなやかな乗り味とシャープなコーナリングを実現した」としている。
ホンダの八郷隆弘社長は今回の「タイプR」について「身近な量産車であるシビックに、ありったけのスポーツDNAを注ぎ込んだモデルだ。歴代最高のシビックタイプRを目指し、ホンダの『走りを究める』という志の具現化だ。日本の皆様にホンダの熱いスポーツDNAを五感で感じてほしい」と話している。スバルは「S207」について「走りへの期待感、所有する喜びを感じることができる特別な仕様を施した」としている。
j-cast.com

このタイミングでエボを辞めた三菱自の経営陣はマジでアホだと思う。

[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-13 17:56 | ニュース・その他 | Comments(7)

Commented by たねなしてじな at 2015-12-13 18:12 x
マスコ、この記事見とけ!
Commented by 名鉄特急 at 2015-12-13 19:38 x
どれだけマスコが能無しかわかる話。
全然市場を読めてない。
Commented by at 2015-12-13 21:10 x
かといって選ぶのは消費者なのにな。
今時スポーツカー買って弄って遊べる人ってどれだけなんだろなー。

Commented by at 2015-12-13 21:12 x
昨今車弄って遊べる若いのってどれだけなんだろなー。

一昔前なら日産のドリ車を中古で買って遊ぶ人たくさんいたけど今はどうなんだろう。これじゃ底辺育たないよね。
Commented by ホンダ党 at 2015-12-13 22:02 x
S660、ロードスターは経済的だし、多少無理すれば若い人でも買える。しかし、合理的な最近の10
~20代は気軽でローコストハイリターンな趣味を探して楽しみにしてる。どんなに金がかかる趣味でも車程はないからな。それに仮に車を所有しても実用性はないと友達付き合いも難しくなる。そういう自分はまだ20代だがCR-Z、N-ONEときて趣味性と実用性を兼ねるヴェゼルハイブリッドに行き着いた。S2000とか楽しそうだけどね。維持が大変だと飛ばしたくてもガソリン代が怖い自分のサイフ事情としては今の車が一番なんだよ。
Commented by おやじな学生 at 2015-12-14 01:27 x
これだけ各社メーカーの顔となるスポーツモデルを復活させているのに…
ランエボを作り続けたからといって三菱が不死鳥の如く復活できたかは定かではありませんが、少なくともブランドイメージは保てたはず
はっきり言って次期型エボⅪなんてエボⅩベースにナトリウムバルブとS耐制御を組み込めばできたはず
コストがそこまでかからないような気がします…
それなのにパワーアップが見込め、サーキットタイムも2秒近く早くなるんですもん

回りがこれだけ元気なラインナップ展開を見込んでいるだけにランエボ終了が残念で仕方がありません

そんなにコルトVer.Rととランエボって足を引っ張っていたんでしょうか?
エボがインプに販売台数で負けた理由って「進化」を怠ったからでしょう?
「売れないから」と放置した結果、自分の首を絞めてしまったように思います
Commented by フォルティス at 2015-12-14 01:57 x
まったく三菱だけ同時期にラリーアート ランエボ廃止か なんともならんな……   いっそGTO 復活!ぐらいドカーンと花火打ち上げな 負け組が他所と同じ程度の事やあかんで 今は他所以下どころか何もしない(新型車すら出ない)じゃ話にならん   それと今は昔みたく車弄り層ではなく40 50代の社会での成功者がプレミアムカーとして買う人が多い気がする 昔と今では客層客質が違う