脱・ディーゼル中心主義 欧州勢、独自HVでトヨタ対抗

2021~2030年にかけて、欧州を中心に世界で燃費規制(CO2排出量規制)が強化される。エンジンの燃費改善では限界があるため、欧州勢はハイブリッド車(HV)の投入で乗り切る覚悟だ。HVにはエンジンを停止した状態でも電気で走行できる「ストロング方式」と、エンジンを主要動力源とし、停止時や発進時などにモーターでアシストする「マイルド方式」がある。ストロングHVではトヨタ自動車が「プリウス」などで先行しているため、欧州勢は低コストの48VマイルドHVとプラグインHV(PHV)でトヨタの牙城を崩しにかかる。

「 48Vマイルドハイブリッドの実用化に注力する 」 ――。
ドイツVolkswagen(VW)が2015年10月13日、パワートレーン戦略の見直しを明らかにした。
これまで欧州ではディーゼルエンジンを中心に取り組んできたが、排ガス試験の不正を受けて、方針の転換に踏み切った。モジュールアーキテクチャー「MQB(横置きエンジン用モジュールマトリックス)」として、既に注力しているプラグインハイブリッド車(PHV)とともに、電源の一部を従来の12Vから48Vに高めてモーターの出力を向上させたマイルドHVも電動化戦略の要に位置付けた。PHV同様、セグメントを超えてこの48VのマイルドHVを大量に投入していくと見られる。
VWグループでは、ドイツAudiがかねて48V化に前向きだ。同社がロサンゼルスモーターショーで公開したデザインコンセプトカー「Prologue」は、キーテクノロジーに48VマイルドHVシステムを採用した。 エンジンの発電機(ジェネレーター)を、出力を向上させたベルト駆動のスターター兼オルタネーターに付け替えることで、エンジンの駆動力をアシストできる。さらに駆動系の一部を高圧の48V電源とすることで、回生発電と駆動アシストの出力を12kW程度に高めた。12Vのアイドリングストップで使われるスターター兼オルタネーターの出力が3kW程度であるのに対して、出力は4倍になり、燃費効果も10%程度見込める。 VWグループだけではない。フランスのPSA Peugeot CitroenグループやRenaultなど、欧州の多くのメーカーが2016~2021年にかけて48VマイルドHVを投入する準備を進めている。調査会社のIHS Automotiveの予測によれば、2025年には世界市場の1割となる1000万台規模になる見通しだ。

VWグループを始めとする欧州勢は、ますます厳しくなる欧州の燃費規制に対応するため、簡易的で低コストの48VマイルドHVと、電池容量を増やしたPHVの2本柱で電動化を進める。同規制ではCO2(二酸化炭素)排出量を2015年には130g/km、2021年には95g/kmにまで下げることを求めている。この削減ペースは年平均4%減であり、これが続くと2025年には70g/km、2030年には50g/kmまで減らす必要に迫られる。 この達成はPHVの販売増だけでは不十分で、エンジン車の燃費も同時に改善していく必要があるため、HVも重要な技術となる。

00

000000

欧州勢が注力するHVは、なぜ48VマイルドHVとPHEVなのか――。この答えは、ストロングHV「プリウス」を約20年前に投入し、現在では世界で年間100万台規模のHV販売を誇るトヨタ自動車と差異化するためだ。 欧州勢はこれまでディーゼルをHVの対抗車に据えてきた。しかし、2021~2030年に向けては規制の厳しさが増すとともに、VWの排ガス不正の問題もあり、ディーゼル一辺倒で進むには限界が見えている。将来に向けて、早い段階で大量のHVを投入する必要があるが、トヨタと同じストロングHVに注力しても勝ち目はない。 そこで燃費規制に効果があり、トヨタ自動車のHVの牙城を崩すこともできると選んだのが、48VマイルドHVとPHEVの組み合わせなのだ。
48Vシステムは、アイドリングストップやエンジンの駆動力のアシストによって、低コストで燃費を10%程度向上できるのが特徴。部品メーカーに共通仕様で発注できるので、複数の自動車メーカーに普及させやすい。 ストロングHVは、主にトヨタが単独で手がけているため、年間販売台数100万台を達成するのに15年程度もかかった。欧州勢が同時期に48VマイルドHVを投入していくのであれば、より短期間で年間100万台の市場を形成できるチャンスがある。 VWはVWブランドで「ゴルフGTE」、Audiブランド「A3 e-tron」といったPHVをすでに投入している。ドイツBMWも2016年に「2シリーズ」「3シリーズ」「7シリーズ」でPHVを投入する。3社ともに、小型車から大型車まですべてのセグメントでPHVを用意するという力の入れようだ。
日本経済新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-23 17:30 | 海外メーカー | Comments(1)

Commented by 122 at 2015-12-23 17:42 x
結局は、トヨタのHV重視路線に間違いは無かった、という流れになってきてますね。トヨタはPHEV技術も既に持っていますし。