日産 航続距離500kmの新EV電池開発

000000

日刊自動車新聞より
日産、容量倍増60キロワット時の新EV電池開発 

日産自動車は、電気自動車(EV)のリチウムイオンバッテリーのサイズ、重量が現行の「リーフ」と同等ながらも航続距離を500キロメートル以上に伸ばせる新しい電池の開発に成功した。
http://www.netdenjd.com/index.php/

[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-24 16:26 | 日産 | Comments(1)

Commented by cvcc at 2015-12-24 17:54 x
実際エアコンつけてに実際に500kmくらい走れるなら”買い”ですけど、そうではなさそうなので、だまされる人以外はファーストカーとして買うことは無いですね。
何故なら、ガソリン車はエンプティーが近づいたらすぐに給油出来ますが、電気自動車は急速充電でも30分かかってしまう。
ここが最大のネックです。
ガソリン並みの速度で満タンに出来るなら500kmで十分でしょうが、現状、そうではないので問題外ですね。
ただ、技術の進歩は早く、率先して市場に投入する日産の姿勢は素晴らしいと思います。
でも私は買いません。
航続距離1000~1500kmくらいになれば”買い”ですね。