ホンダ・GM提携拡大へ調整、PHVも共同開発


000000

ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)が環境対応車(エコカー)の開発で包括提携する方向で最終調整に入ったことが分かった。  両社は現在、燃料電池車(FCV)に限って共同開発しているが、対象を次世代エコカーの主流になるとされるプラグインハイブリッド車(PHV)にも広げる。部品も共同で調達することにより、単独で行うより販売価格を抑えられるとみている。トヨタ自動車などとのエコカー開発の覇権争いが一段と激しくなりそうだ。  PHVはエンジンとモーターを搭載し、50キロ・メートル程度をモーターだけで走り、電池が切れそうになるとエンジンに切り替わる。バッテリーは家庭の電源で充電できる。  ハイブリッド車(HV)もエンジンとモーターを併用するものの、モーターを使うのは低速時などに限られ、モーターだけで長距離を走ることを想定していない。  PHVは電気自動車(EV)に比べて走行距離が長く、HVと比べて二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない長所がある。2017年以降、主要市場の米国で環境規制が厳しくなるため、各社はPHVの開発に力を入れている。
読売新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-01-04 08:38 | ホンダ | Comments(0)