三菱自 8月にインドネシアで新型MPV公開。

三菱自動車工業の相川哲郎社長らは1月 29 日、
イン ドネシアの首都ジャカルタで開いた記者会見で、
同国に おける今年の販売目標を前年比1割増の9万台に設定 していることを明らかにした。

政府によるインフラ支出 の拡大によって、下半期(7~12 月)には消費者の購買 力の回復が期待できるほか、新たに発売するスポーツタ イプ多目的車(SUV)の新型「パジェロスポーツ」な どが販売をけん引するとみている。 インドネシアの昨年の新車販売台数は、輸出の主力で あるコモディティ価格の低迷や、政府のインフラ支出の 遅れから前年比 14%減の 103 万台にとどまった。
三菱自動車の同国総販売代理店クラマ・ユダ・ティガ・ブルリ アン・モーターズ(KTB)の石巻尚社長は「資源価格 は引き続き低迷する可能性が高いが、インドネシア政府 が鉄道や高速道路などのインフラ投資を拡大しており、 セメント需要も底を打ったとみている。下半期以降に需 要の回復が見られるだろう」と説明。今年の新車販売台 数は前年比5~10%増まで回復するとの見通しを示し た。  

00000

また、販売の起爆剤として
新たな小型多目的車(MP V)を投入する方針を表明。
詳細は明らかにしなかった が 「S UVの走行性能を備えたMPV。わが社の自信 作 」 (相川社長) で、トヨタの「アバンザ」やスズキの 「エルティガ」などが競合車になるという。 8月にジャ カルタで開催予定のインドネシア自動車製造業者協会 (ガイキンド)主催のモーターショーで正式発表する考 えだ。  

西ジャワ州ブカシ県のグリーンランド・インターナシ ョナル・インダストリアル・センター(GIIC)工業 団地で建設工事を進めている新工場については、現在の 工事進捗(しんちょく)率が 50%に達したと説明。2017 年の操業開始に向けて、順調に計画が進んでいることを 強調した。新工場では、17 年4月にパジェロスポーツ、 同年 10 月に新型MPVの生産を開始するほか、小型ピ ックアップ「コルトL 300」の生産を予定している。年 産能力はそれぞれ3万台、6万台、5万台の合計 14 万 台。  米自動車大手フォードが同国からの撤退を決めたこ とについては、「 ピックアップ車などで競合する部分はあるが、三菱自動車としては既に大きなシェアを確保し ており、勢力図が大きく変わることはない 」(石巻社長) との見方を示した。  

三菱自動車は同日、新型パジェロスポーツのインドネ シア市場への投入を発表した。新モデルの投入は昨年8 月のピックアップトラック「トライトン」以来。  新型パジェロスポーツは、新デザイン「ダイナミック シールド」を採用するなど外観を一新した。2.4 リット ルの「MIVEC ディーゼルターボエンジン」を新たに搭載。 同車種向けに新開発した「8速AT」を組み合わせるこ とで、燃費効率は前モデルから 17%向上した。  ボディーカラーは全5色で、シルバーとブロンズを新 たに追加。価格は2輪駆動(2WD)タイプが4億 4,600 万ルピア(約 394 円)と4億 9,600 万ルピア、4WDタ イプのオートマチック(AT)が6億 2,300 万ルピア、 マニュアル(MT)が4億 9,500 万ルピア。  2月下旬に出荷を開始する。今年の販売台数目標は2 万台に置いている。昨年の同モデルの販売台数は1万 1,000 台だった。  新型パジェロスポーツの投入は、東南アジアではタ イ、フィリピンに続いてインドネシアが3カ国目。今後 はマレーシアとベトナムでも発売を予定している。
news.nna.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-01 09:18 | 三菱自動車 | Comments(7)

Commented by クーペSUV待ち at 2016-02-01 14:00 x
2014年新型トライトン
2015年新型パジェロスポーツ
2016年新型MPV

うーむ!東南アジアの三菱自ファンは羨ましいなぁ...
Commented by cvcc at 2016-02-01 14:57 x
>S UVの走行性能を備えたMPV

こういう車種こそRVRの名前を引き継ぐのにいい車種だったと思います。
何故、アウトランダースポーツの日本名がRVRなのか、非常に不可解でした。

ただ、今となってはこの車種は「デリカDなんたら」の方がしっくりくるのかもしれませんがね。
Commented by at 2016-02-01 17:32 x
これでグランディスぐらい名乗るなら買いかな。焦ってD2買いたくないしね。
Commented by mtip at 2016-02-01 17:47 x
まだ分からないですが、このデザインの方向ならショーモデルを上手に市販化できそうな。
ただやっぱり日本には入って来ないんでしょうか?
D3をこれにしちゃうとか。
ダイナミックシールドはこういう風に展開できるわけですね。
Commented by virtualXXX at 2016-02-01 17:52 x
このデザインに先進技術が加わりリーズナブルな価格設定となれば、アバンサはもちろんのこと、エルティガも駆逐されてしまいそうですね
 
エルティガが勝利してほしいところではあるのですがやはり「泥んこ道を走っても汚れても恥ずかしくない車」であることを想像すると、エルティガもかないはしない・・・
Commented by at 2016-02-01 21:55 x
このconceptがデリカじゃなくてよかったわ
まああまりに評判悪くて新興国向けに方針転換したのかもしれないけどね
Commented by かさ at 2016-02-01 22:18 x
東南アジアでうけそうな顔とは思う。
ただ競合車にあげてる車種たちも販売期間をみると数年でフルモデルチェンジするだろうから、そこまでにどのくらい知名度高められるかだな