中国 エコカー補助金目当ての不正が横行。一斉取り締まりへ

中国財政省は今月から、エコカー普及のために政府が
給付している補助金の詐取行為に対する一斉取り締ま りを開始した。

00000


北京、上海、江蘇など全国 25 省・直轄 市で来月下旬まで実施する。
3日付人民日報などが伝え た。  2013~15 年度に政府補助金を受けたエコカーメーカ ー全 90 社と、エコカーを購入した企業や事業体、補助 金給付にかかわる地方政府の担当部門が対象。メーカー が補助金を受ける際に提示したデータや電気自動車(E V)電池の調達数と販売数が適切かどうか、車両販売数 に虚偽がないか、不適切な車両の買い戻しを行っていないか、虚偽の取引や販売価格の偽装が行われていないか などを調査し、違反行為があれば厳しく処分する。  エコカーの補助金をめぐっては、一部メーカーがはじ めから市場に出す予定のない低品質の車両を量産し、グ ループのリース会社に販売した形にして補助金を詐取 したり、補助金を受給した後に車両から電池を取り出し て再利用するなどの不正が横行しているとの指摘があ る。  楼継偉財政相は先月、エコカー補助政策を 20 年以降 に廃止する方針を表明。補助金の詐取行為を厳しく取り 締まる考えを示していた。
news.nna.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-04 18:03 | ニュース・その他 | Comments(0)