三菱自開発副本部長 「今後三年、バッテリーの性能が劇的に進化します」

電動化について、開発副本部長(EVシステム担当)の
百瀬信夫氏から明るい話を聞いた。
 「 EVやPHEVに用いられるバッテリーの性能が、2017年から2020年の間に劇的に進化します。電池そのものの性能が向上し、リチウムイオンバッテリーに貯えられる電気の量が2倍から3倍に増えるのです 」 。

0000


蓄えられる電気の量が2倍から3倍に増えるということは、電気だけで走る航続距離もそれに比例して飛躍的に伸びることになる。 「 EVで300km走れるようになるかもしれませんし、さらに充電時間を半分以下にすることができます 」。 スゴい!

その通りになったら、EVやPHEVが現在抱えている宿命的な短所がほぼ霧消してしまうではないか。航続距離300kmのEVだったら、僕も買いたくなってしまう。そんなクルマでこそ、キャンプやスキーに出掛けて行きたくなる。自然の中に分け入って行くのに、クルマが静かでクリーンであることがどれだけ素晴らしいのかは現行のアウトランダーPHEVで体験済みだ。
headlines.yahoo.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-04 19:01 | 三菱自動車 | Comments(7)

Commented by フォルティス at 2016-02-04 19:06 x
電池そのものが…… となるとな  どこの自動車メーカーもそこそこノウハウあり 優秀な電池メーカーと組めれば 三菱自工の優位性というのは?あるの   劇的に進化されると、いま買えんな
Commented by P-mini乗り at 2016-02-04 19:32 x
テスラって今どの位走るんでしたっけ?
Commented by cvcc at 2016-02-04 20:16 x
>EVで300km

全然足りません。
エアコンつけたら旅行は厳しいです。
電池としては凄いのでしょうが、ガソリンに比べて充電が遅いEVはせめて500kmカタログで走れないとガソリン車の代替えとはなり得ません。
また、まだインフラ整っていないので、マンションの人も購入は出来ない方が多いでしょう。
逆に近所の買い物だけならi-MiEVで十分。
Commented by ななし at 2016-02-04 22:05 x
そんなに電動が好きなら、田宮と組んで実物大ミニ四駆でも作ればいいんじゃないかと。
都市部になればなるほど集合住宅率が高いし一家に一台充電スペースなんて状況は夢だとか、そういう観点がすっぽり抜け落ちてるわな。
ただでさえ最近充電スポットの前とか通りかかると大体リーフが占拠してるし、ガソリンなら数分で給油できるのに、充電するまで1時間待ちとかほんとにあり得ないと思うわ。
Commented by socie20 at 2016-02-04 22:13
ファミマが増えるから充電スポットも増えるよ。
やったね三菱!
Commented by at 2016-02-04 22:46 x
増税後の需要喚起を狙ってるんだろうけど遅いよ
Commented by at 2016-02-04 23:12 x
最終的にはスマホみたく量産されて終わり。

逆に国内メーカーが駆逐されたら国賊もんだな。