三菱自 タイ2015年12月販売 前年比8割増

今頃気づいたのですが、
1月19日にマークラインズ 自動車産業ポータルで発表された
2015年12月のタイでの新車販売で、
三菱自動車は 9802台 。
前年同月比 85.5%増 という驚異的な伸びでございました。
乗用車では19.5%減とあいかわらず不振ですが、
ピックアップトラック、SUVで134%増であることから、
新型パジェロスポーツが絶好調であると思われます。

00000

ただ、記事中に
「 2016年1月からは排出量基準の新たな物品税が導入されるために、一部モデルが増税される。 」 とあり、好調なのは12月までかもしれません。
marklines.com

主力であるインドネシアでは2015年3月以降、絶不調。
ガソリン価格上昇による販売減が響いており、タイでの好調が相殺されています。
中国は小型車向けの減税措置が追い風となり、各社とも前年実績を上回っているのに、三菱自は連月大幅減。エンジンは売れても、車体はまったくダメという状況が続いています。
アジアに集中するといいながら結果はこの様です。

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-18 19:02 | 三菱自動車 | Comments(0)