日産 いまだ軽自社生産を検討?

日産自動車は8月にも追浜工場(神奈川県横須賀市)の操業を、
昼のみの1直から昼夜の2直体制にする。
期間従業員を数百人規模で採用する。

00000


主力小型車を新たに生産するのに伴い、
生産量が大幅に増加することから2直化に踏み切る。
2016年度は3年ぶりに国内生産が100万台を超す見込み。国内のモノづくりを維持するための体制を整える。 現在、九州工場(福岡県苅田町)で生産している主力小型車「ノート」の生産を、8月にも追浜工場に移管することに伴う措置。追浜工場の2直体制は2年ぶりとみられる。
現在、追浜工場では電気自動車(EV)「リーフ」、スポーツ多目的車(SUV)「ジューク」など4車種を生産。ノートは国内ではこれらより販売量が多く、移管後に月産1万台程度を計画している。
追浜工場の14年度の生産実績は8万8000台、月平均7000台程度だった。 ノートの移管で生産が大幅に増加する見通しだ。
また、日産は追浜工場で新たに軽自動車の生産も検討しており、2直化をさらなる増産の対応につなげる可能性もある。 追浜工場は12年まで生産していたノートを九州工場に移管し、2本あるラインの1本を休止した。年産能力は24万台。九州工場は今春にも北米向けSUV「ローグ(日本名エクストレイル)」を年10万台規模で生産し始め稼働率が高まるため、追浜工場で再びノートを生産することに決めた。
日刊工業新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-22 17:55 | 日産 | Comments(2)

Commented by フォルティス at 2016-02-22 18:27 x
勝手にしやがれ(`_´メ)外資 糞日産 三菱は一刻も早くNMKV から撤退すべきだ! 何回も何度も……くどい まるで糞韓 糞中とかわらん
Commented by 名鉄特急 at 2016-02-23 01:06 x
ある意味、協業して三菱も得るものあったでしょう。

もう別の道を歩むべき。合わなすぎる…